理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

学習指導 ブログ

中学三年 第三回 「学習の診断分析」 (英語編)

2015年度 第三回 学習の診断分析 英語編

試験ばかりで大変ですが、何度も試験をすることによって今学習している文法を確認することが出来ます!

この試験を上手に活用してください。学校行事もほとんど終わり、本格的に受験モードに突入していきます。

効率のよい学習を行うためにも集中して「学習のon / off」をうまく使い分けて勉強に励んでいきましょう。

現在学校で学習している、現在分詞・過去分詞に加えて、今後“関係代名詞”という文法を学んでいきます。

これらが中学生活で学ぶ最後の文法になります。難易度の高い文法ですが、しっかりと学習して自分のものにしていきましょう。


1. リスニング問題

今回は、B、C、の選択肢が英文ばかりで大変だったと思います。それぞれの簡単な訳を取っておきましょう!

試験に臨む上での緊張感をこういった作業で軽減することもできます。4つの選択肢のうち、3つまで取れれば大丈夫です。

心配であれば、Aのようなイラスト問題でも、各イラストが何を表わしているのかをメモしておけば良いです。


2.共通問題

(2)の発音問題は、取り敢えず4つ全て発音してみてください。極端に違うものもありますが、たまに引っかけの選択肢があります。

例えば、今回はアが正解でしたが、アやイに引っかけが潜んでいる場合があります。解き急ぐあまり、ウやエを無視して次の問題に進むことが無いように。

(4)の理解は、並び替え問題の正誤を分けることあります。usuallyやsometimesなどが、文中のどこに出てくるのか確認しておきましょう。

3.選択問題

文法の理解度が総合的に問われます。

(1)似たような語の中から、適切なものを選ぶ問題でした。

(2) stopがくれば、動名詞を自然に選べるように。stopが一般動詞である以上、ア〜ウの選択肢は絶対に選べません。

(3)夏休みの予定を聞かれています。先のことなので未来形で表現します。

(4)正しい表現を選ぶ問題でした。余力があれば、不正解の選択肢は何が間違っているのか、文法的に説明できるか考えてみてください。理解が深まります。

(5)落ち着いて、誰が誰に連絡してほしいのか考えてみます。“彼”が“私”に連絡することを、“電話の相手”に頼んでいます。

4.書き換え問題

まずは書き換える前の文をよく読み、意味を理解することを心がけてください。

(1) makeを使った表現をおさえておきましょう。makeの時制にも注意です。

(2)もとの文の意味が分からなくても、書き換える方の文に含まれているhave neverを見た時点で現在完了形は確定です。

(3) There is / areです。シンプルな文法なので理解は簡単ですが、その分記憶に残りにくい表現です。冒頭2単語を問われている問題では、There is / areを疑ってみてください。

(4) too〜to・・の書きかえです。これを見たら、so〜that・・notがすぐに出せるように。

5.並び替え問題

(1) whatの直後に名詞を付けた形で尋ねる疑問文があることを頭に置いておいてください。日本語でも何色、何語など、“何+名詞”の表現はよく出てきます。What are you で書き始めてしまうと、大きな間違いです。

(2)これは今まで通りのwhatの疑問文です。ほぼ同じ表現をテキスト等で見たことあると思いますので、こういう系統の問題は確実に取れるようにしましょう。

(3)“Why don’t you”を確実に。

(4)並び替えはパズルのようなものです。選択肢の中に隠されているヒントを見つければ、あとはそれを組み立てるだけです。例えばwantsには三人称のsが付いていることから、sheとつながることがわかります。

逆に文末のeatにはsが付いていないのはto+原形だからです。動詞の形に注目するだけでも、語句の並びが見えてきます。



6.英作問題

日本国内の有名な場所を選び、説明する英作でした。こういうタイプの問題は、“自分が本当にお薦めしたい場所”よりかは“自分が英語で表現できる場所”を選んだ方が良いです。

場所の設定は出来たものの、説明の仕方がわからなかったり、説明はできるが英語では難しかったりすると、2点失うことになります。書ける文を確実に書けるようにしていきましょう。

7.英作問題

前回から引き続き、イラストを説明する問題でした。場面Bが少し理解が難しいものでしたが、“一人で遊んでいた一郎が、最終的にはもう一人の少年と、彼の犬と楽しくサッカーをした話”が描ければ良いと思います。

英作は書けるだけ書いておくといいです。1点でも多く取れるように、普段から練習しておきましょう。

8.長文問題

冒頭の場面設定から、登場人物は彩加とベスであることがわかります。今回は、前回のような日本語要約問題が無かったので、内容理解が少し難しかったかもしれません。

長文問題は、時間との勝負も関係してきます。もし全部を解く時間が無さそうであれば、問1は確実に解けるようにしましょう。

ここで4点とることが出来ます。今回は選択肢が全て疑問文になっています。つまりA、B、C、Dそれぞれの前後のセリフをよく見れば、その答えを予想することが出来ます。

Aは、“本の中に変なものを見つけた。”という彩加のセリフの後、Aのセリフを挟んで、さらに彩加が具体的な説明を加えています。ベスが純粋に“それは何ですか。”と聞いたことが分かります。

Bは、その後の彩加のセリフが“私たちはよく赤を使います。”になっています。色を答えているということは、ベスが色に関する質問をしたことが分かります。

Cは、この質問によって、それまでの太陽と月の色の話から、犬の色の話に変わっています。つまり色の表し方の違いに関する別の例を尋ねたことが分かります。

Dは、この質問後、彩加がもう一度同じセリフを繰り返しています。それはベスが、“今なんて言ったの。”と聞いたからですね。

問1の問題は、解くために前後をよく読むことになります。ABCDが間隔をあけて問われることが多いですので、この問題を考えるだけで、文章の全体像をある程度つかむことが出来ます。

全部を一気に読んで理解しようとするのではなく、少しずつ理解できるように読んでいきましょう。
- | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks