理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

学習指導 ブログ

中学三年 総合第一回 『学習の診断分析』 (英語編)

2020年度総合第1回 学習の診断分析

【今回の学習の診断】

3年間の全範囲を網羅する内容でした。各問題を解くのに必要な文法は頭の中に浮かんできたでしょうか。忘れているものがあれば復習に時間を使いましょう。

また、入試の過去問にもどんどん取り組み、どんな傾向なのか、自分の得意なところはどこか、どんな時間配分で行くのか、色々作戦を練っていきましょう。“理解する”ことはもちろん大切ですが、“表現を覚えてしまう”というのも点を取るために必要なことです。

問1 リスニング問題

入試ではEタイプの問題が出ます。長めの英文を聞いて、複数の設問に答える問題です。この問題は特にしっかりと選択肢に日本語訳を書いておきましょう。

一旦考え込んでしまうと、放送はどんどん進んでいきます。焦ってしまうと余計にミスが増えてしまいます。準備万端で、2回の放送を効果的に利用して点数を狙いに行ってください。

問2 共通問題

今回から入試を睨んだ問題形式に代わっています。例年通りであれば、入試の問2がこのスタイルになります。とはいえ、各設問はこれまでの診断テストの問2で解いてきたものと何ら変わりはありません。対義語、文の区切れ、発音等々です。引き続きこの系統の問題は定期的に解いて慣れておきましょう。

問3 選択問題

(1) 「北海道に一度も行ったことがない」という文を作ります。Aのセリフにvisitedが使われていますが、Bのセリフではhave never been toで「一度も行ったことがない」を作ります。visitedにtoは必要ありません。

(2) 「○○を持っている」をwithで表現する問題でした。イのbe動詞+havingという表現は存在しません。

(3) Bのセリフから、Aが建物の築年数を聞いていることが分かります。イが正解です。

(4) Bの「父親は音楽を教えているのでそれを上手に弾ける」というセリフからエが正解になります。イだと、Aもギターが弾けることになります。

(5) 比較はそれぞれの関係を考えましょう。Aは「英語は数学よりも面白い」と言っています。つまり英語>数学です。Bが「国語は英語より面白いか?」と聞いているので、Yesなら国語>英語>数学、Noなら英語>国語>数学になります。これに合っているのはアになります。

問4 書き換え問題

(1) 文の真ん中の2単語を聞かれると、疑問詞+toの可能性が高いです。今回はwhere toです。
(2) 過去分詞を使った後置修飾です。Sukiyakiを先行詞にしてmade by又はcooked byを続けます。
(3) couldをwas able toで書き換えます。be動詞の形と時制に注意です。
(4) 元の文の伝えたいことを掴んで、異なる表現で書き換えるタイプは高難度です。「この日曜日何をするの?」を「この日曜日の予定はある?」に書き換えます。anyという語の意味や用法も要復習です。

問5 並び替え問題

(1) The picturesを主語及び先行詞として、関係代名詞を省略した後置修飾で書きます。
(2) 現在完了形の文にfinish+eatingの動名詞も絡んでいます。2つの文法を含む文は要注意です。
(3) Could you tell me the way toは丸覚えです。
(4) The girlを先行詞として、現在分詞の後置修飾で書きます。
(5) 難度高めです。まずThis is the bookを作り、the bookを先行詞に関係代名詞thatで文を続けます。
(6) What kind of 名詞 do you like?は丸覚えです。すぐにWhat do you likeと書かないように。

問6 会話完成
(1) 「ありがとう」への返答は、「You’re welcome.」ですね。
(2) 「先生が家でするように言うもの」は、宿題 homeworkですね。

問7 英作問題

自分にとって一番大切なものとその理由を書く問題でした。ぱっと浮かばなければ書くのが難しいかもしれません。0から文を作っていくのはかなり大変です。

試験開始と同時に英作のテーマをチラッと見るのは一つの方法です。解くのではなく、ただ見るだけです。今回の英作は何を書くのか、書くための題材が自分の中にあるのか等々考えることができます。それで、今回は英作のために時間をどれぐらい割くのが最善なのか考えておきましょう。

問8 長文問題

ランドセルに関する文でした。何がテーマになるのか全く予想できませんね。
入試では2タイプの長文がでます。問8のような会話型の長文と、説明型の長文です。説明型は“ある日ケンが朝早く学校に行くと同級生のジローが…”のようなスタイルで書かれています。

いずれにしても、全体のテーマと流れを掴むことが大事です。ほとんどの場合、自分が知らないことを相手から教えてもらう、逆に相手が知らないことを自分が教えてあげる、今まで経験したことがないことに挑戦する、できなかったことができるようになる等々の流れです。各登場人物がどんな役割を担っているのか掴みながら読んでいきましょう。
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 総合第一回 『学習の診断分析』 (数学編)

総合第一回診断テスト分析(数学)

【今回の診断は】

やや難しい難易度だった。特に問4の確率と図形の融合問題は解きにくかったかもしれない。診断ではあまり見かけないが入試ではこのタイプの融合問題は見かけるので慣れておこう。問3では度数分布表と代表値の知識が必要になった。難しい事は問われていないが忘れていたり、あいまいだったりすると苦戦したと思う。

一年内容も復習しておくことと、融合問題が出てもあわてないで考えよう。問2の図形は基本と標準レベル。図を見て相似なのか、三平方の定理なのか気付くことと、考えたことを元に計算していく事が必要になる。また立体の公式は確実に覚えておこう。

今回、図形で苦戦した人は復習しておくこと。最近学習した単元はともかく、少し前に学習した平行線と比あたりを忘れてしまっているかもしれない。三平方の定理や円周角など最近学習した単元も入試では良く出題される。図形は腰を据えて復習しておこう。

【次回は最後の診断】

志望校も決まる頃になる。私立の合否が分かり、少しホッとしているかもしれないが、気を引き締めて行こう。計算は確実にできるようになること。図形も練習次第でまだまだ伸びる。どれだけ量をこなせるか、真剣に向き合えるかが勝負。あわてず、でも緊張感も失わずに練習していこう。


問1は計算問題。

正負の数、文字式の展開、1次方程式、因数分解、平方根、2次方程式などが問われた。計算問題でミスしないように、徹底的に練習しておこう。(4)の因数分解はまずaでくくる。(6)二次方程式は=0の形にすることを意識しておこう。

(9)は「自然数」になればよいので√の中が4か1になる。「整数」になる場合は√の中が0のときも成立するので気をつけよう。(10)は商と余りについての問題。「わる数×商+余り」で表す。そのあと二乗して余りを考えよう。

問2は図形の問題。
錯角や二等辺三角形を使っての角度、文字を使って体積を表す、ひし形の面積、相似を利用しての長さ、面積比が問われた。(1)は平行だから錯角は思いつきたい。あとは二等辺三角形の底角が等しい事を使うと三角形EBCの角度が分かってくる。

(2)は中一の内容から。円柱と球の半径をrでおくと考えやすい。円柱の体積は分かっているのでrが求められる。あとは球の体積を求めるだけ。三平方の定理ともよく関連してくるので体積・表面積の求め方はしっかりと復習しておこう。(4)は直角なので角度が同じになるタイプ。○や×でしるしをつけて考えるとやりやすい。○+×=90°になる。

問3は度数分布表を使った問題。

(1)は最頻値なので11人いる階級を見る。「20分以上24人未満」なので最頻値は真ん中の22。(2)は中央値と相対度数。50人いるので中央値は25番目と26番目の間。その階級に10人いるので、相対度数を求める。それぞれの値の求め方は知っておこう。

問4は確率の問題。

袋から玉を1個ずつ取り出して並べる。要はビンゴゲーム。(1)は4,6,7のうちのどれかを取り出せばよい。残っているのが6個あるので、6個中3個で2分の1。(2)は残っている6個から順番に2個取り出す樹形図を書くか、表を書くことをしてみる。

問5は2次関数の問題。

座標を代入しつつ求める。(1)は直線とx軸との交点になるので、y=0を代入する。(2)は点Aの座標が分かっているので、点Pの座標を求めて、直線の式を求める。(3)は点Pと点Qの座標をtで表す。AP=AQということは点Pからx軸と点Qからx軸までの長さが等しくなる。あとは2次方程式を解けばよい。tの範囲に合っているかどうかの確認も忘れずに。

問6は連立方程式の文章題。

平均点をどう表すかを考えてゆく。「点数×人数の和÷全体の人数」で式が2つ出来る。「2問とも不正解の生徒が3人いた」ことは式には関係ないので式に入れないように。出した解が問題に合っているかの確認は忘れないこと。

問7は図形の証明。
円の中に正三角形が入っている。合同を示す。円なので同じ弧に対する円周角は等しいことと、正三角形なので60°の角になることを使ってゆく。60°の角から共通の角を引くと同じ角が示せる。
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第五回 『学習の診断分析』 (英語編)

2020年度第5回 学習の診断分析

【今回の診断は】

3年間で習った文法を全て活用して解く問題になってきました。特に3年後半で勉強した間接疑問文や後置修飾はよく問われます。勿論そのほかの文法も忘れないようにしなければなりません。試験を通して見えてくる自分の弱点から逃げずに、それを克服していきましょう。まだまだ時間はあります。

問1 リスニング問題

イラストの説明、選択肢の簡単な訳、放送中のメモ書き等々、リスニング問題の正答率を上げる策はたくさんあります。入試でもリスニングは貴重な得点源になりますので、普段から定期的に問題に取り組みましょう。

問2 共通問題

(5)は、“会話が成立しないセリフ”を探します。気を付けたいのは、なんとなく会話が成立するのでは?と考えてしまうことです。Aは体調が悪い期間を尋ねているので、期間に触れていないものが正解になります。A「どのくらい体調悪い?」B「薬はもう飲んだよ。」会話としては成り立ちそうですが、Aの質問の答えにはなっていません。よってエが正解になります。

問3 選択問題

(1) 分詞を使った後置修飾です。「おせち料理はお正月に食べられる」ので、ウが正解です。
(2) 関係代名詞を用いた後置修飾です。が、これは難易度高めでした。時制を考えると、イかエになります。先行詞が1枚の写真なので、イが正解になります。関係代名詞は省略されています。
(3) これも後置修飾です。分詞と関係代名詞の違いを掴んでおきましょう。分詞ならwalking、関係代名詞ならwho is walkingです。
(4) everyoneは単数扱いなので、現在時制で使うと三単現のsが必要です。
(5) BがJohn.と答えているので、アとウは消えます。犬の名前を聞いているエが正解です。

問4 書き換え問題

(1) 間接疑問文を用いた書き換えです。When is Emi’s birthday? を肯定文にします。
(2) 分詞を用いた後置修飾です。元の文のwroteつまりwriteをどう変化させるか考えましょう。
(3) セリフが出てくると、ask人toかtell人toの表現の出番です。セリフが依頼ならaskを、命令ならtellを使います。今回はどちらでも良いみたいですが。時制にもご注意を。
(4) so〜that couldn’tをtoo〜to…に書き換えます。こういうタイプの表現を覚えておくと便利ですね。

問5 並び替え問題

(1) I can’t understand what you mean. 丸覚えですね。間接疑問文が使われています。
(2) Could you askとask人toの組み合わせです。これも丸覚えして損はないフレーズです。
(3) one ofを用いた表現は並び替えでよく出ます。「〜の中の1つ」という意味になります。
(4) 「これはあなたが探している傘ですか?」という文を作ります。the umbrellaを先行詞として関係代名詞thatを省略した形で書きます。
(5) 関係代名詞whoを用いた表現です。まずI have a cousin.と言い切り、このcousinを先行詞としてwhoをつなげて文章を書いていきます。
(6) これも間接疑問文です。類題を何題も解いて語順に慣れましょう。

問6 資料読み取り

ポスターの内容を掴んで答える問題でした。

(1) はコンサートの開催日を答えます。面白い問題ですね。2人がいつ話しているかはわかりません。ポスターには「1月30日の午後2時から5時」と書かれています。この時点でmorningではないことが分かります。また日付が指定されているので毎週土曜日でもありません。よってアが正解です。
(2) はチケットの値段を考えます。ケイコが言った値段に対して、マイクが「それは大人の値段だよ。」と言っているので、ケイコは間違えて大人の値段を見ていたことが分かります。正解はイです。

問7 英作問題

イラスト系の問題はある程度の話のラインが分かるようになっています。Aダイスケは母親から卵を買ってくるよう頼まれた。Bダイスケはスーパーで卵を買った。Cダイスケは母親と一緒に料理をした。という具合です。

これで3文以上という条件はクリアできます。25語以上にならなくても解答として提出してください。4点満点ではなくてもきちんと採点されます。今まで学んできた表現、冠詞の使い方、接続詞の種類等々、英作問題は色々なことを復習する良い機会になります。入試でも出てきますので、定期的に練習しておきましょう。

問8 長文問題

かなり最近のトピックが扱われていました。日頃からニュースを見ておきましょう。同じ長文でも、内容を知っているか否かで難易度が変わってきます。
日本語で答える問題は敬遠している人が多いかもしれません。

とはいえ多くの場合、解答は下線部付近に潜んでいます。

(3) 逮捕された理由は少し前に書かれています。A Black woman 〜 do it.までの訳が正解になります。

(4) itが指すものはitの直前に出てきます。直前の2文を要約すれば正解になります。

(3)(4)共に2点問題なので書ききれなくても1点取れる可能性もあります。
公立高校の入試問題は長文メインです。よってこのような日本語で答える問題もたくさん出てきます。診断テストだけで考えると、他の問題で点数稼ぐ方が楽に思えるかもしれませんが、そろそろ入試を睨んで、長文問題全体にトライしていきましょう。
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第五回 『学習の診断分析』 (数学編)

第五回診断テスト分析(数学)

【今回の診断は】

やや難しかった。問2、問3で1,2問いつもの診断と違うタイプの問題が出された。問4で問われた規則性でも奇数番目と偶数番目で式が変わるので戸惑ったかもしれない。問5の二次関数は代入して座標や直線の式を求めるまでは定番だが、面積を考えるのときに面積比と辺の長さの比が関係してくるのは考えにくかったかもしれない。問7の円を用いた相似の証明はできるようにしておこう。このレベルを確実にこなせるように練習していこう。

【次回の診断は】

三平方の定理までが範囲になる。平面、立体を問わず入試本番でも出題されやすい単元。入試本番につながると思ってしっかり練習して取り組んでゆこう。また三平方の定理と関連して中一で習った図形の体積と表面積、おうぎ形について聞かれることがある。復習をしておこう。

【残りの診断は】

残りは2回。入試本番まで2カ月を切った。本番に向けての大事な練習の機会になる。一回一回を大切にして、入試本番に備えよう。計算が苦手なら毎日計算だけでも練習するようにしよう。 また各問題のうち点が取れる問題は必ずある。見ただけであきらめずに粘り強く解いていこう。

【診断分析】

問1は計算問題。

正負の数、文字式、1次方程式、因数分解、平方根などが問われた。(4)の因数分解は、4でくくった後、さらに因数分解する。最後までやりきろう。計算の練習を繰り返して確実に出来るようにしておこう。

問2は少し複雑な計算問題。

比例式、平方根についての理解、文字式で表す、グラフと方程式、素因数分解の利用など。(2)の平方根の大小は√がついてない数を二乗する。(3)は最後までやりきること。平均が表せてもそれで終わりではない。a=の式に直す。(4)は一点で交わるということは、交点が共通しているということ。文字の入ってない二つの式を連立すると、(−1,3)出る。残りの式に代入するとaが分かる。

問3は図形の問題。

円周角、おうぎ形と円周角についての理解、中点連結定理、円柱と半球の表面積、面積の等しい三角形などが問われた。(4)は円柱と球が合わさった図形。表面積なので、円柱の側面積と球の表面積を出して足す。図形の面積、体積、表面積の公式をもう一度確認しておこう。(5)は三角形BEG=三角形BFGが分かれば、四角形ABEG=三角形ABFとなる。そして三角形ABFは平行四辺形ABCDの面積の半分なので面積の計算が出来る。

問4は規則性の問題。

右上の規則性が奇数番目と偶数番目で変わることが分かるかどうかがポイントになる。奇数番目ならその奇数の二乗。偶数番目なら、その前にある奇数番目の右上+1になる。nが偶数ならnの二乗、奇数なら(n−1)の二乗+1となる。(2)は足すだけ、(3)は(2)で求めた式=222の2次方程式を解けばよい。

問5は2次関数の問題。

放物線と直線のグラフが書かれている。(1)は代入するだけ。絶対出来てほしい。(2)は代入してB、Cの座標が分かれば連立して直線の式が求められる。(3)の面積比はこの場合はABとCDの比になる。そこからtの値を求める。

問6は2次方程式の文章題。

面積から辺の長さを求める問題。AFがxだから、10−xでFBの長さになる。正方形から三角形4つの面積を引くと五角形の面積が求められる。三角形の面積で÷2を忘れないようにしよう。xが5より小さくなる。このことを書くことを忘れないようにしよう。

問7は図形の証明。

三角形の相似を示す。一つの角は、円なので円周角が等しいことを使う。「弧CDに対する円周角が等しいから」という表現を忘れずに書くこと。もう一つの角直径に対する円周角が90°であることを使う。円が関係する証明は入試本番でも問われやすいので慣れておこう。

問8は図形の証明。

辺の比を証明するので三角形の相似を示す。二等辺三角形が二つあるので低角が等しいところが二か所ある。2組の角がそれぞれ等しいので相似になるのは分かるが、そこで終えてはいけない。相似な三角形の辺の比は等しい事と、DB=DEなので問われている辺の比が等しい事がいえる。
- | comments (0) | trackbacks (0)

新年明けましておめでとうございます!

当塾塾生、当塾保護者さま、当塾をお考えの皆様へ。

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

中学三年生は,早速、学習の診断があります。憧れの志望校合格を目指して全力でがんばりましょう!

これからは、本格的に進路を絞りこみ、当月中には決定していかなければなりません。

高校三年生は、試験がまじかに迫っています。こちらも、志望校合格に向けて全力で試験対策していきましょう。講師一同全力でサポートしていきます。

在校生は、定期試験が控えています。まずは冬休みの宿題を終わらして、定期試験の準備をしていきましょう!

理数館 講師一同
- | comments (0) | trackbacks (0)

高校三年生推薦入試合格おめでとうございます!

当塾塾生・当塾保護者様

高校三年生推薦入試合格の喜びの声が届いております。

合格者のみなさま!本当におめでとうございます。

当塾講師としても、一番やりがいを感じます。

皆さんが、一年生の時から勉強や部活動をこつこつ頑張ってきた
成果です。

後輩たちへの励みにもなります。

卒業試験まで気を抜かずに頑張っていきましょう!

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第四回 『学習の診断分析』(数学編)

第四回診断テスト分析(数学)

【今回の診断は】

前回よりは難易度は上がったと思う。問1、問2は難しくなかった。問5の関数は(4)以外は難しくはない。問7の相似の証明は解きやすかった。

ただ問3の図形は図や出題の仕方で解きにくく感じたかもしれないし、問8の証明は長くてどこまで書けばよいのか分からなかったかもしれない。

【次回の診断は】

1月の第五回の診断になる。平行線と比や三平方の定理までが範囲になり、図形が難しくなってくる。期末試験の範囲とも重なってくるので普段の学習から丁寧に解いていこう。

また期末試験が終わると気が緩みがちだが、ここからは志望校を絞り込み受験に向けて集中していく時期になる。12月には、やりきれてない単元や苦手な単元を全力で克服しておこう。

問1は計算問題。

正負の数、文字式の計算、連立方程式、因数分解、平方根、二次方程式が出題された。(4)の因数分解はx+4でくくれる。展開してから因数分解してもいい。

問2は計算の応用。

(1)は無理数について。√と有理数の大小比べるには二乗すればよい。0.5の二乗は0.25で0.5より小さい(2)は文字式の逆算。

(3)は1次関数について。x軸上で交わるのでy=0を代入すればよい。(−2、0)が分かるので、もう一つの式に代入できる。(4)はあらかじめ因数分解して代入すると楽に解ける。(5)は二次方程式の解について。ただ一つの解になるのは二乗の形になる時。この場合は6xなので9になる。

問3は図形からの出題。

(1)は角度の問題。折り返すので同じ角度が出てくるのと、内角の和を用いる。(2)は回転体の体積。円錐なので底面積×高さ÷3。

(3)は相似について。三角形ABCと三角形DBAが相似なことに気づけば、比の計算は難しくない。(4)は相似を使いつつ、辺の比を求める問題。平行四辺形の中のどことどこが相似か考える。向かい合う三角形は相似であることが多い。

問4は確率の問題。

樹形図を書いてゆくと全部で20通りになる。(1)は偶数なので一の位が2と4のもの(2)は入れ替えたら多いくなるものを見つければよい。

問5は2次関数の問題。

(1)では分かっている点Bのx座標を代入してy座標を出し、代入するだけ。(2)は(1)で求めたaを用いて、点Pの座標を求める。

(3)は問われ方がややこしくなっているが変域の問題。0と点Bを答える。(4)「面積が等しい」ことと「平行である」ことを使おう。平行で傾きが同じなので、点Pはy=1/2x上にある。

問6は1次方程式の文章題。

文章が会話形式になっている。10%引きなので0.9xで表される。あとは文章を素直に式にすることと小数を含んだ方程式を計算できればよい。解の確かめを忘れないこと。

問7は三角形の相似の証明。

仮定から正三角形で角が一つ等しく、対頂角が等しいので、2組の角がそれぞれ等しくなる。相似の証明としてはかなり定番。確実に書けるようにしたい。

問8は垂直になることの証明。

三角形EBCと三角形FCDに着目。まずこの二つの三角形が合同であることを証明する。対応する角が等しいことを用いつつ、次に三角形EBCと三角形FGCが相似であることを証明する。
対応する角が等しいので∠EBC=∠FGC=90度となり、ようやく垂直であることを示せる。
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第四回 『学習の診断分析』(英語編)

2020年度 第4回 学習の診断分析

【第4回 学習の診断は】

分詞の後置修飾や関節疑問文など、少し複雑な問題が出てきました。何度も類題を解いて慣れていく必要があります。

苦手意識のある問題があっても、入試本番まではまだ時間があります。すぐにあきらめずに、その問題でも点が取れないかどうか考えてみましょう。


問1 リスニング問題

内容を聞き取ったうえで、更に考えなければならないタイプの問題は注意してください。聞こえてきたままを選ぶとミスになります。

2回流れる放送を上手く利用しましょう。聞きながらメモを取るのも効果的です。“リスニング問題はこうやって解く”という自分なりのスタイルができてくれば、落ち着いて問題に臨むことができます。

問2 共通問題

(2)の文の区切れを見つける問題はいくつかの解き方があります。今回は接続詞で文が区切れるタイプの問題でしたが、その接続詞thatが省略されています。

I think thatやI know thatのような表現もおさえておきましょう。英作でも活用できます。

問3 選択問題

(1) Aがdidを使って聞いているので過去形で答えます。あとは主語に合わせたbe動詞を選びましょう。

(2) 疑問詞+toの表現です。“将棋の仕方を知らない”と言いたいのでイが正解です。

(3) 現在分詞を用いて“椅子に座っている”という表現を作ります。
(4) Bが“シャツが小さすぎる”と言っているので、より大きいTシャツを求める文にします。

(5) 関節疑問文です。イやエを選ばないように。語順に注意です。

(6) 駅関係の会話はよく出ます。アは電車の時間、イはかかる時間、ウは駅の場所、エは行く手段を尋ねています。Bの返答からエが正解になります。

問4 書き換え問題

(1) 難易度高めでした。Bの後半のセリフからBの動作を予想します。“見つからない”と言っているので、カメラを探していることが分かります。

(2) これも難易度高めでした。“完璧な英語を話す必要はない”とBが言っているので、Aは“完璧な英語を話す必要があるのか”尋ねています。

(3) ここでも関節疑問文が出てきました。How old is Mike? を、How old Mike is.に書き換えます。

(4) 犬の名前をお兄さんが付けたようです。name A Bで表現します。

(5) 電話相手が不在なので、メッセージを残したいかどうか尋ねる文にします。

問5 並び替え問題

(1) make A Bの文です。“AをBにする”という意味です。

(2) too〜to…の表現です。tooの後に形容詞、toの後に動詞の原形です。

(3) 後置修飾を使ってthe car made in Japanで“日本製の車”を表現します。

(4) ofを用いた表現は知っていると便利です。The number of the booksは一息で書けるようになりましょう。
(5) both A and Bの表現です。

問6 読解


短めの文章を読んで答える問題でした。

(1) は適切な前置詞を選びます。,魎泙猜犬梁膂佞蓮◆噺生賁気靴望霾鵑鯏舛┐襪海箸可能なので、言語の違いを乗り越えることができる。”というものです。“〜なしに”の意味になるイが正解です。

(2) は適切な標識を選びます。“火事や地震の際にドア場所を教えるもの”はエになります。火事だけでア、地震だけでウを選んでしまわないように気を付けましょう。

問7 英作問題

四季を一つ選んで自分の意見を英語で表現する問題でした。
毎回触れている点ですが、本心でなくても“英語で書けそうな”テーマで書いてください。

ここで考えた文は、春休み・夏休み・冬休みにしたいことや、自分の故郷の紹介、更に日本文化の紹介等にも応用することができます。書ける英文の型をどんどん増やしてきましょう。

問8 長文問題

aの解答は2択です。Yes, she is.かNo, she isn’t.です。本文の序盤に、香織がサッカーチームの一員であることが表されています。

bは、問題文にhijabが含まれていますので、hijabが出てくるまでの文は無視です。さらにwhenで尋ねていますので、年代を探せばそれが答えになります。

長文問題は、隅から隅まで読まなければ解けないわけではありません。答えが潜んでいそうなところを狙って読んでいきましょう。
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第三回 『学習の診断分析』(英語編)

2020年度第3回 学習の診断分析

「今回の診断は」

例年通りの問題構成でした。今まで解いた3回分を見直すだけでも、問題の傾向が掴めると思います。どのぐらいの点数を目指すのか、どこから解き始めるのか、それぞれの問題にどれだけ時間かけるのか等々、そろそろ作戦を練っていきましょう。

漫然と解いて出た点数より、しっかりと対策を立てたうえで取れた点数の方が次につながります。

問1 リスニング問題

Cは長めの英文を聞いて答える問題です。
問題用紙を見れば、何を聞き取るべきかが分かります。

今回は比較的素直に答えが聞こえてきた問題でした。時にひっかけてくる問題もあるので注意してください。

今回の問題であれば、野球の試合が始まる時間と待ち合わせの時間を聞き分ける必要があります。

問2 共通問題

(2)の解説です。

最も強く発音する語は、質問に対する直接の解答や新しく出てきた情報に当たる語になります。

今回は、テニスをしている年月を聞いていますので、直接の答えになるsevenを最も強く発音します。

問3 選択問題

(1) 純粋な過去形イです。“完了形を選べばなんとなく当たりそう”という考えは危険です。

(2) “夕食が父によって作られた”と受動態イで答えます。Aの現在完了形にひっぱられないように。

(3) 寒さをしのぐための最善の方法を選びます。イが正解です。

(4) アイエに可能性があります。Bが“それは良かった。英語をよく勉強しているね。”と反応していますので、エが正解になります。セリフが多い問題は、しっかりとすべてのセリフに目を通しましょう。

(5) Aが店員、Bが客です。イかエに可能性がありますが、Bは店に来たばかりなので、エが正解です。

(6) 高松空港までの行き方を聞いています。ウが正解です。アはAの最後のセリフに対する解答です。

問4 書き換え問題

(1) Let’s = Shall weの書き換えです。

(2) 比較はよく出ます。“サトシはトモキほど上手に英語を話せない。”を“トモキはサトシより上手に英語が話せる。”と表現します。well‐better‐bestの変化も忘れずに。

(3) make ABはよく出ます。0の状態から気付くのは難しいので、普段から書き換え問題でよく問われる表現を覚えておきましょう。

(4) 2文→1文は、現在完了を使う可能性が高いです。

(5) “カレーを作れない”を、how toを使って“カレーの作り方を知らない”に変えます。

問5 並び替え問題

(1) call ABの文です。alwaysの位置も要注意です。be動詞の後、一般動詞の前です。

(2) How long have you は丸覚えしましょう。あとは必要な動詞の過去分詞形を続けます。

(3) haveは色々な表現で用います。今回はmustの言い換えであるhave toとして使います。
read many books、write my reportの動詞と目的語の組み合わせも逆にしないように。

(4) ask人toの表現です。若干違和感のある語順になるので、何度も書いて慣れていきましょう。

(5) 間接疑問文です。語順に注意。whatをすぐに文頭に置くと文が作れなくなります。

問6 文章並び替え

毎度のことですが、各選択肢の簡単な訳を取りましょう。
ア いい考えだ。一つ買おう。
イ 次の月曜日日本を発つ。
ウ カナダで日本の団扇が人気らしい。
エ 1ヵ月カナダでステイする。
オ 是非来て。ホストマザーに何か土産を。良いアイディアは?
カ いつ日本発つの?
キ 空港に見送り行くよ。
これを自然な会話になるように並び替えます。エ→カ→イ→キ→オ→ウ→アとなります。

問7 英作問題

自分の意見を英語で表現する問題でした。
鉄則ですが、本心でなくても“英語で書けそうな”意見を書いてください。

普段から様々なテーマに関して考えておくのは大切です。問題を見て文章を1から作っていくと時間がかかってしまいます。書けそうなら書く、無理なら後に回す、こういう作戦も持っておきましょう。

問8 長文問題

(2)タイプはしっかり訳すことがポイントです。アとイは直訳で大丈夫ですが、ウはmore than 1,000 workersを訳す必要があります。

“1000人以上の労働者”としっかりと訳を取りましょう。

長文は慣れが大事です。入試は長文問題がたくさん出ますので、診断テストの時に避けずに是非チャレンジしてください。解いてみると意外と点数が取れたりします。
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第三回 『学習の診断分析』(数学編)

第三回診断テスト分析(数学)

「今回の診断は」

前回よりは難易度は上がった。問1,2の計算は変わらないレベルだが、次数や変域などは忘れていたかもしれない。問6の文字を使う証明は素直な問題。やり方を知っていたら考えやすかったと思われる。

入試で問われることもあるので、出来なかったなら要復習。問4の規則性で出てきたように今後はnの二乗を使うこともあるので慣れておきたい。

問3の図形、問5の関数、問7の2次方程式の文章題は難しくはないが、問われ方によって難しく感じたのではないかと思う。

 「次回の診断は」

二次関数と相似な図形までが範囲になる。二次関数は受験でもよく出題される単元。aの求め方、変域や変化の割合、グラフと直線の問題などを解けるようにしておこう。

また相似な図形は中三後半の図形の内容の基礎となる。ここが分かってないと、中三で習う図形全体を苦戦する。しっかりと理解していきたい。


問1は計算問題。

正負の数、文字式の計算、一次方程式、因数分解、平方根、2次方程式が出題された。(4)の因数分解は前半はXで、後半は−でくくる。Y+4が共通に項なのでくくる。

学習した単元で計算問題として出やすいのはここまでになる。ここで点を落とすのはもったいない。とにかく計算の練習をして、確実にここで点を取るようにしよう。

問2は計算の応用。

多項式の次数、不等式で表す、一次関数の変域、平方根の大小が出題された。(2)は200枚ある中から「配って余った」ということは200枚より配った数が少ないということ。18a+17b<200となる。

問3は図形からの出題。

(1)は正三角形なので一つの内角は60°。

(2)は展開図から元の立体を組み立てて位置関係を考える。ねじれなので辺ABにくっついている辺と平行な辺は除く。点F、H、Gと点A、C、Eが重なっていることに気をつける。

(3)は平行四辺形と角の二等分線の定番の問題。錯角を利用すると同じ角度になる角がいくつもある。二等辺三角形ができるので長さが分かる。

(4)はおうぎ形の中心角を求める問題。弧の長さが分かっているので円周のうちどのくらいの割合か考える。おうぎ形の弧の長さや面積の公式は覚えておこう。

(5)は直方体の一部となる三角錐の体積を考える問題。直方体の体積は300と分かるが、各辺の長さは設定されてない。

各辺の長さを文字もしくは具体的な数字で設定してしまう。a×b×cでもいいし、5×6×10でもいい。三角錐の体積はa×b×c÷6になるので、300÷6で50となる。

問4は規則性の問題。黒と白の碁石を並べてゆくパターン。黒と白の規則性をつかむとよい。黒は4、8、12、16…なので4ずつ増えている。

白は0、1、4、9…なので二乗になっている。

(1) は4ずつ増えるので4×8で32となる。

(2) のn番目の白は二乗だがnの二乗ではなくn−1の二乗であることに注意。

(3)は(1)と(2)の考え方を使って計算していく。n番目の黒は4n、白はn−1の二乗。差は161として式を立て2次方程式の計算をする。

問5は一次関数の問題。グラフを読み取る問題。

水そうについてなので題材としてはよくあるもの。

(1) では傾きを考える。グラフは単純な比例なので104÷8をすればよい。

(2) ではグラフから式を求める。二つの点が分かっているのでy=ax+bに代入して計算する。

(3)はcの水道だけ使った場合y=8xとなるので(2)で求めた式と連立させる。

問6は文字を使っての証明。

連続する3つの整数はn−1、n、n+1と表す。まずはここが出来るようにしよう。「4の倍数になる」ことを証明するので、式を計算して「4×(nの式)」の形になるように変形する。あとは「nは整数」などの必要な語句を書き忘れないようにしよう。

問7は二次方程式の文章題。

長方形の面積についての問題。写真の面積と写真立ての面積を比べる。xの確認も忘れないようにしよう。x>0になるのでx=1のときに問題にあう。

問8は図形の証明。

二等辺三角形であることを示す。

仮定から長方形であることが分かっているので、辺の長さが同じであることはすぐに示せる。

∋鯵儼舛鮴泙衒屬靴討い襪里如元の三角形と折り返した後の三角形は等しくなる。この二つを用いて、二つの三角形が合同であることを証明する。二つの角が等しいから二等辺三角形になる。
- | comments (0) | trackbacks (0)