理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

学習指導 ブログ

まもなく定期試験です!新学期定期試験対策 緊急110番!!

当塾塾生・当塾をお考えの方

みなさん、まもなく定期試験です。定期試験対策はしっかり出来ていますか?

中学1〜2年生は、学習の診断や定期試験対策などで忙しい時期に差しかかります。前回の勉強の仕方の反省点をいかしましょう。一緒に勉強の仕方を身につけてしっかりとがんばりましょう!

中学3年生は受験対策、学習の診断、そしてラストスパートを一緒にがんばりましょう!

高校生のみなさんは、高校になるとすべての教科が中学生とはケタ違いに難しくなります。やることが盛りだくさんで、授業についていくだけでも精一杯になってしまいます。しかも、一度ついていけなくなったらその教科がまったく分からなくなったりします。

最近理数系科目がまったく分からなくなって、どうしたら良いのでしょうか?という相談が、公立高校、私立高校、香川高専などの生徒から本当に増えてきています。そのような場合は、分からなくなったところに立ち返る必要があります。

当塾理数館は、個人学習指導を行なっています。だから、現状に即した個人のオリジナルカリキュラムを組むことができるので、分からない箇所を重点的に勉強することが可能です。

相談に来ていただければ、理数館の教室責任者がご家族と個室で直接お話しさせていただき、成績や部活動の有無、勉強時間などの状況を聞かせていただきます。

それらの状況を踏まえ、これからの勉強の進め方などをアドバイスさせていただきます。

当塾をお考えの方にはもちろん入塾されるかどうかは、このアドバイスを聞いてご判断下さい。

成績UPして、勉強にスポーツに充実した学校生活を送りましょう!


教室責任者
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第五回 『学習の診断分析』 (数学編)

第五回診断テスト分析(数学)


診断も残り2回。入試本番まで2カ月を切った。本番に向けての大事な練習の機会になる。一回一回を大切にして、入試本番に備えよう。

計算が苦手なら毎日計算だけでも練習するようにしよう。また各問題のうち点が取れる問題は必ずある。見ただけであきらめずに粘り強く解いていこう。

次回は三平方の定理までが範囲になる。平面、立体を問わず入試本番でも出題されやすい単元。入試本番につながると思ってしっかり練習して取り組んでゆこう。

今回の診断は素直な問題が多かった。問2、問3は1問か2問考えにくい問題があるだけで比較的に得点しやすかった。

問4で問われた規則性も(3)以外は難しくはない。問5の二次関数も代入してa、bの値や直線の式を求める。問6の二次方程式の文章題も式は立てやすかった。このレベルを確実にこなせるように練習していこう。



問1は計算問題。

文字式、1次方程式、因数分解、平方根などが問われた。(1)は−25でくくると楽に計算できる。(5)の因数分解は、前半をXでくくり、後半を−でくくると共通因数であるY−3が出てくるのでくくればよい。

計算の練習を繰り返して確実に出来るようにしておこう。

問2は少し複雑な計算問題。

文字式、平方根、連立方程式、絶対値の利用など。(3)は平均を使う定番な問題。平均が出ているなら人数を掛け算することにより合計も出せる。

あとは学級全体の人数で割ればよい。(4)は代入して連立方程式を解く。その際に代入ミスに気をつけること。

問3は図形の問題。

円周角、平行線と比、内角と外角の関係、球の体積、相似の利用などが問われた。(3)は●と×の関係式を使い、連立させて解く。

(4)は半球の体積なので、球の体積の公式に当てはめて2で割る。図型の面積、体積、表面積の公式をもう一度確認しておこう。

(5)では相似比の3乗が体積比になることを活用する。Pを1としたとき全体が27なので、Rはそこから引いてゆく。

問4は規則性の問題。

真ん中の数は2ずつ増えてゆくので2n+1、右端の数は3ずつ増えてゆくので3n―2で表せる。

(2)は100が初めて現れるのが右端であること、一段に一個ずつ100が現れることに気づくと突破口が開ける。

問5は2次関数の問題。

放物線二つのグラフが書かれている。(1)は代入するだけだが分数に気をつける。絶対出来てほしい。

(2)はaの具体的な値が分かっているので、代入して点B、Cの座標を求める。2点の座標が分かれば式が求められる。

(3)は直角二等辺三角形なのでAB=ACが分かる。ABを求めるとき符号に注意。

問6は2次方程式の文章題。半径を求める問題。体積が等しいので半径をx、x−5とおいて式を作る。

式自体は条件を素直に使えば出来る。x−5が正なのでxが5より大きくなる。このことを書くことを忘れないように。

問7は図形の証明。

三角形の相似を示す。角の二等分線なので等しい角が分かる。

もう一つの角は円なので円周角が等しいことを使う。「弧ABに対する円周角が等しいから」という表現を忘れずに書くこと。円が関係する証明は入試本番でも問われやすいので、慣れておこう。

問8は図形の証明。三角形の相似を示す。

いったん合同を示した後に、対応する角が等しいことと対頂角が等しいことを用いる。

書く分量が多くなるので、自分が何を求めて、何を書こうとしているのか見定めて書こう。



 
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第五回 『学習の診断分析』 (英語編)

2017 年度第 5 回 学習の診断分析

第 5 回の診断でした。冬休みも終わり、入試が近づいてきました。私立の入試はすぐそこですね。

今回の分析の中で何度か触れましたが、“練習”と“復習”が重要です。学ぶべきものはほぼ終わりました。後は出来る限り復習し、類題を解いて練習していきましょう。

今一番勉強すべき時であり、勉強できる時です。将来の自分のためにも悔いの残らない学習に励んでいきましょう。


問 1  リスニング問題

聞く力を伸ばすことも大事ですが、意味を覚えきれていない語や対義語などをしっかりと覚えることも大事です。

long と short 、 right と left など、聞いた時に“ん?どっちだったっけ?”と考えてしまうと、その間にも放送はどんどん進んでいってしまいます。

放送中に邪念が頭をよぎると、ますます焦ってしまい、聞いてはいても頭に入ってこない状況も生まれます。比較級を勉強した時に対義語を多く学びましたのでもう一度そこを復習です。

問 2  共通問題
(3) は少し難しく感じたかもしれませんが、何が聞かれているのかを常に意識しましょう。“沖縄に行ったことがあるかどうか”が尋ねられています。 next month は“沖縄にいつ行く予定か”という質問であれば強く発音します。
問 2 型の問題は、私立高校の入試に類題がよく出ます。何度も触れた点ですが、“解き方”がつかめれば正解にたどりつけますので、今一度“解き方”を復習しましょう。

問 3  選択問題

(1) 5 時に朝食を食べた A に対して、“今○○ではないか?”と B が尋ねています。 5 時に起きたのであればイ、 5 時から何かをしていたのであればウが正解になります。

(2) 疑問詞が使われている時点で、 Yes /No< の答えは返ってきません。“誰がしたのか?”と聞かれているので、“私がしました。”という意味のウを選びます。

(3) 誰に聞いているのかを掴みましょう。“シャツが小さすぎる。”という客に対する店員のセリフです。ウやエだと、店員が客に“○○を持っていますか?”という質問をすることになってしまいます。

(4) A が遅れたことに対して、 B は“大丈夫だよ。”と答えています。電車が既に発車していたら大丈夫ではありません。

“ A は遅れたけども、電車には間に合っている”ことが伝わるエが正解です。

(5) 注意したいのが空所の後にまだセリフが続いているパターンです。この問題では“君を温めてくれるよ。

”というセリフが続いています。“風邪を引いた。”というセリフだけでは、イとウに正解の可能性がありますが、医者に電話しても体は温まりません。

よってイが正解になります。

問 4  書き換え問題

(1) 間接疑問文を用いた書き換えです。元の文は過去形で書かれていますので、 come を came にしっかりと書き換えましょう。

(2) 前回も出た it for to です。この表現を使えば“彼にとって英語を話すことは簡単だ。”とか“彼女にとって朝早く起きることは困難だ。

”など、何通りでも文を作ることが可能なので、文章全体の雰囲気を掴むことが必要です。“これは it for to の文だな。”と瞬時に判断できるように類題をたくさんこなしましょう。

(3) 前回“書き換え問題は、消えてもいい語と、消えてはいけない語を見分けていく必要があります。”と書きましたが、まさにこの問題が典型例です。

teacher から teach の予想は出来ると思いますが、見落としがちなのが our です。下の文にも、“私たち”の存在を残す必要があります。

そうでなければ、高橋先生が“彼らに”“彼女たちに”“あなたたちに”国語を教えていた可能性も出てきます。“私たちの国語の先生だった”ので、“私たちに国語を教えていた”という文を作る必要があります。

(4) セリフがあると、 tell 人 to か ask 人 to の可能性が高くなります。命令していれば tell 人 to 、お願いしていれば ask 人 to を使います。

あとは時制に注意です。

問 5  並び替え問題

(1) 疑問詞 what は時に要注意です。直後に名詞が続くことがあります。

日本語でも“何色”“何語”のような表現をするように、英語も同様に“ what color ”“ what language ”のように表現します。

(2) 前回も出た過去分詞を用いた文です。後置修飾の文が自然に書けるように何度も練習しましょう。

(3) 長い文は“一番伝えたいことは何か”を常に考えて書いていきます。

まず ask 人 to を用いて、サムにしてほしいことを書きます。サムに願うのは“家に来ること”なので、 come to my house が続きます。そのあと接続詞 when を用いて残りの選択肢で文を作れば完成です。

(4) be interested in で“〜に興味がある”という意味です。自己紹介にも使える便利な表現なので覚えておきましょう。

(5) 様々な表現を学んできたので、今一度気を付けるべきはそれらが混ざってしまうことです。

この問題では“ have to ”を作ってしまうとアウトです。 will +動詞の原形、 to +動詞の原形、 a lot of を使って、 You will have a lot of time to study English. が書ければ正解です。

(6) 地球にあたる the Earth が文末にあります。

“地球を救う”という表現を作りたければ save は文末に出てきます。日本語をよく見て、どの語とどの語が近接していなければならないのか考えてみましょう。

問 6  英文要約問題

各選択肢のラフな訳を取りましょう。

ア 次の日曜日何する?
イ 彼女に何を買うべきかわからない。良い考えある?
ウ それは良い。一緒に寿司を作ろう。
エ 誕生日プレゼントあげる?
オ 次の日曜が祖母の誕生日。だから彼女を訪ねる。
カ 君は料理が得意。夕食を作れば?
キ 楽しんで。

“祖母の誕生日に何をすれば良いか尋ね、アドバイスをもらい、何をするか決定した。”という流れが作れれば正解です。

問 7  英作問題

A と B のイラストの説明をします。シンプルに見たままを書きましょう。

A は、午前 7 時には雨が降っていた。ナオトは友だちとサッカーができないと思った。

B は、午後 4 時には雨がやんだ。ナオトは友だちとサッカーができてうれしかった。

こういった内容が英語で書ければ大丈夫です。
正しい文が書けていれば、条件をすべてクリアできていなくても点がつくことがあります。 ( 満点にはなりませんが。 )  

50 点満点のテストでの 1 点は貴重です。諦めない姿勢を忘れずに。

問 8  長文問題

残り時間が限られている場合、ねらい目は (4) 、 (5) の問題です。

(4) は文の前後だけに注目しましょう。 A ですが、それに対して “私たちは名字を持たない。

”とニーが言っています。ニーはミャンマーからの留学生なので、ミャンマーの名字事情を聞いているカが正解になります。

B は“アウンサンスーチーさんを知っているか。”に対する返答になります。それに加えて “彼女は有名だ。

”とオリビアが言っているので“もちろん。”を意味するイが正解になります。 C はエとオで悩みそうですが、ニーは“火曜日よ。”と答えています。よって正解はエです。

“○月○日よ。”と答えていればオが正解になります。

(5) はアウンサンスーチーがヒントです。これが問題文に入っているということは、本文で“アウンサンスーチー”が出てきた後の文中に答えが隠れているということです。

これで答えを探す範囲は限定されます。

残された時間を焦らずに使いましょう。 (4) 、 (5) が正解すれば、半分近い 6 点を取ることが出来ます。

- | comments (0) | trackbacks (0)

新年明けましておめでとうございます!

当塾塾生、当塾保護者さま、当塾をお考えの皆様へ。

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

中学三年生は,早速、学習の診断があります。憧れの志望校合格を目指して全力でがんばりましょう!

これからは、本格的に進路を絞りこみ、当月中には決定していかなければなりません。

高校三年生は、試験がまじかに迫っています。こちらも、志望校合格に向けて全力で試験対策していきましょう。講師一同全力でサポートしていきます。

在校生は、定期試験が控えています。まずは冬休みの宿題を終わらして、定期試験の準備をしていきましょう!

理数館 講師一同
- | comments (0) | trackbacks (0)

年末年始の休講について!本年もよく頑張りましたね!

当塾塾生・当塾保護者様・当塾をお考えの方

塾生のみなさん!冬らしくなってきました!

朝夕は、極端に寒くなってきましたね。この時期は、学習と健康管理を両立していきましょう。

さて、年末年始の休講と授業の御案内を致します。12月31日から1月2日までは完全休講となります。休みの間は、予習復習や冬休みの宿題などをしっかりとやりましょう。

当塾では、新年は、1月3日には、冬季講習受講者や授業振替希望者のみ授業を行います。1月4日からは、冬季講習と通常授業を行います。

掲示してある予定表を確認しておいてください。

講師一同、新年もみなさんの学習のお手伝いができる事を楽しみにしております。

どうぞよろしくお願いします!

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

私立大学合格の皆さま!合格おめでとうございます!

当塾塾生・当塾保護者様・当塾をお考えの方

早いもので、クリスマスですね!

いち早く、私立大学の合格発表が到着した生徒の皆さま。本当に合格おめでとうございます!

理数館の講師一同、心よりお喜び申し上げます。

少し早く大学生になったような気分ですね!当塾では、高校生活最後の卒業試験まで気を抜かずに頑張りましょう!

お手伝いさせていただきます。


理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

もっと頑張って上位の学校を目指してみる個別相談会実施中!

当塾塾生・当塾保護者様・当塾をお考えの方

朝夕,冷え込んで来ました。
みなさん!いかがお過ごしですか?すっかり冬といった感じですね。

受験生、在校生のみなさんは体調を崩さないようにしましょう。特に受験生は、この時期に体調を崩してしまうとせっかくの努力を発揮する機会を失ってしまいます。夜は暖かくして冷やさないようにしてください。

さて、当塾ではこの時期に学校の授業についていけなくなって来たり、各教科がだんだん難しくなって来てどのように勉強を進めていけば良いか分からないという生徒や保護者の方からのご相談を受けています。

また、成績は普通ぐらいだけれど、上位の学校を目指してがんばってみたいという相談も出てきました。

部活動と両立して学習を進めていきたいがどのようにすれば成績UP出来るかという前向きな相談もあります。

当塾では、みなさん部活動や習い事に熱心です。そこで、生徒には効率的な勉強法や家庭学習を組み合わせて成績上昇のアドバイスをさせていただいております。

「まじめにコツコツと学習する。」事は大切です。但し、それ以外にもコツがあります。

この度、当塾では、個別学習相談の受付を致しております。塾生は随時行います。

この冬、効果的な勉強法をマスターして次回の試験の成績UPや来年の進路を明確にできるようなお手伝いが出来れば幸いです。

当塾にて、成績UPを目指して一緒に頑張りましょう!そして、志望校に合格しましょう!

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中3生と高3生の受験対策!そして新学期生のための個別相談会実施!

当塾受験生のみなさま、受験生をお持ちの保護者さま・当塾をお考えの方

早いものでクリスマスがやってきています!

同時に受験まであとわずかになりました。

受験生のみなさんは、この時期、まだまだ悩まれます。例えば、中学三年生は、現在の学習の診断をベースに志望校をどのようにしようか?高校に入ってからどんなことを中心に活動しようか?

スポーツを重視して部活動に励むのか?学校に希望する部活動がないので、独自にスクールに所属するのか?

それとも、勉強を重視して、高校別に存在する成績優秀者を集めた特別クラスの所属を目指すのか?

現時点では、まだまだ届かないが、今から3月まで、まだまだがんばって最終的な志望校をワンランク上げてみようか?そのために志望校合格に向けてどのような学習をすれば、合格につながるのか?

当塾では、そういったさまざまな相談を受けています。学習相談では、苦手な単元克服のために最適な方法を一緒に考えていきます。

実際の学習指導では過去問題集や苦手克服のための教材を多数用意します。

進路指導のご相談には、この時期に現実に沿ったその生徒に一番合った進路を保護者の方と一緒に考えていきます。

当塾塾生には、冬季は随時面談をしていきますが、学習や進路をどうしようかなあと思い悩んだらぜひとも相談に来てください。

当塾をお考えの方の新規個別相談会・体験授業も実施しています。


理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第四回 『学習の診断』(数学編)

第四回診断テスト分析(数学)

 今回の診断は前回よりは難易度が上がったと思う。問2の計算自体は難しくはないが、出題のされ方で難しくなっている。

問3の図形は、(4)以外は難しくはない。問4は確率自体は難しくないが、問題文をきちんと理解できるかがポイントとなる。

問5の関数は(1)〜(3)までは難しくはないのだが、いつもと図の感じが違うので戸惑った人もいるかもしれない。問7の相似の証明は解きやすかった。このレベルを確実にできるようにしておこう。

 次回は1月の第五回の診断になる。平行線と比や三平方の定理までが範囲になり、図形が難しくなってくる。期末試験の範囲とも重なってくるので普段の学習から丁寧に解いていこう。

また期末試験が終わると気が緩みがちだが、ここからは志望校を絞り込み受験に向けて集中していく時期になる。12月には、やりきれてない単元や苦手な単元を全力で克服しておこう。

問1は計算問題。

正負の数、文字式の計算、連立方程式、因数分解、平方根、二次方程式が出題された。(3)のA=B=Cの連立方程式は、A=C、B=Cの形に直す。(4)の因数分解はまずくくる癖をつけよう。

問2は計算の応用。

(1)の比の計算は今後図形でもお世話になる。出来るようにしておこう。(2)は知っていれば確実に解ける。係数の大きいYに1から順番に自然数を代入していく。(4)は乗法公式を利用して変形するが、代入していってもよい。(5)はアイデアを思いつくか。=0になる式と求める式が1違うことを利用する。

問3は図形からの出題。

(1)の角度の計算は取れるようにしておきたい。内角・外角の関係を利用する。(2)は相似な図形を選ぶ。確実に取りたい。(3)は立体について。円錐を展開したときのおうぎ形の面積になる。半径×弧÷2を使うと早い。(4)は面積比の問題。相似を使う。向かい合う三角形が相似で相似比は5:2。

問4は確率の問題。

ルールが理解できるか。樹形図そのものはコイン三枚の表裏なので、全部で8通りになる。あとはそれぞれ次郎さんと花子さんが何点になるかまで書いておくと分かりやすい。

問5は二次関数の問題。

(1)では分かっている座標を代入してゆくだけ。(2)は変域の計算。なので(1)(2)は図がよく分からなくても解ける。(3)はADの長さなので、AのY座標からDのY座標を引くとよい。点Aの座標は(−6,9)、点Dは(−6,3)なので6。(4)は文字aを使ってBEとADを表して、式をつくる。

問6は一次方程式の文章題。

1時間当たりの面積で比べる。20%小さくなるということは×0・8でよい。解の確かめを忘れない事。

問7は三角形の相似の証明。

平行四辺形なので対角が等しいことを使う。なぜ等しくなるか、根拠も書いておくこと。

問8は二等辺三角形になることの証明。

正方形であることと最初の仮定を利用して、合同を示す。対応する辺の長さが等しいので、二等辺三角形であることが示せる。
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第四回 『学習の診断分析 』(英語編)

2017 年度第 4 回 学習の診断分析


第 4 回の診断でした。診断テストも残り 3 回です。どのくらいの点であれば確実に取れるのか、自分の中で判断できるようになりましょう。

勿論得点の変動はあると思いますが、“それでもこの点数は確実にクリア出来る。”という最低ラインを見定めておくと自信につながります。

現在学習している関係代名詞が、中学校で学習する最後の英文法になります。それが済むと 3 年間の復習をどんどん行っていくことが出来ます。

意外と試験当日まで時間はあります。今一度、しっかりと学んできたことを見直して、自分が苦手としている分野を見定めていきましょう。

問 1  リスニング問題

今回はもう一度 A 問題について説明します。なぜならかなり捻った問題だったからです。

(1) は会話文の中に出てくる“曜日とメニュー”の正しい組み合わせを選ぶ問題でした。月曜日にカレーライス、火曜日にスパゲッティ、そしてピザが食べたければ土曜日という内容が放送されました。

イラスト見ればわかりますが、メニュー名を日本語で書いておきましょう。また曜日名もカタカナで大丈夫ですので、書いておけば聞きながら焦ることはありません。

(2) はブラジルへの手紙の切手代が幾らになるのかを選ぶ問題です。実は、正解は直接聞こえてきません。

“カナダに送った時に 110 円かかった。それよりはかかるだろう。”“ 200 円以上はかからない。”という 2 つのヒントから、イの 130 円という答えを導きます。

(3) のような時刻が絡む問題は、時間を書いておきましょう。今回はすべて 9 : 30 でした。“駅で 9 : 30 に待ち合わせ。”と聞こえてきますので、アを選びます。

イラスト問題は単純な時もあれば、時に聞き手を惑わすような文面で出されることもあります。しっかりとイラストから読み取れる情報を問題用紙に書き込んでおきましょう。

問 2  共通問題

(2) のイに出てくる said は要注意です。“セイド”と発音しないように。正しくは“セド”に近い音です。“セイド”と間違って読むであろうと予測し、“エイ”の音を含む play をあててきています。このパターンよく見られます。

(3) はあくまでも新情報を選びましょう。“誰が作ったか”が論点ですので、エが正解になります。文中に疑問詞が出てくると、それに対応する部分が正解になります。

(5) はコンサートの感想を聞かれているので、感想を述べているものは軒並み“ふさわしい”ものになります。感想になっていないものが“ふさわしくない”ものになります。

問 3  選択問題

(1) 疑問詞が選択肢に出てきた場合、相手の返答に注目します。 A のセリフだけだと、イとエが正解になります。ただ、 B が“祖父の家の近くに”と答えていますので、場所を尋ねていたことが分かります。

(2) 比較級と最上級と as 〜 as を混ぜないように。“剣山よりも石鎚山の方が高い”と言いたいので、イが正解になります。アは“石鎚山は剣山ほど高くない”という意味になってしまいます。

(3) “ tell 人 to ”の理解があれば瞬時に解けます。用いる動詞に特徴がある文法はしっかりおさえておきましょう。解答時間の短縮につながります。

(4) アイウで悩んだかもしれません。アであれば、 B が It’s ten forty. という回答をします。ウは間接疑問文なので、 does が不要です。

(5) celebrate の形だけでなく、 in か on かの選択も問われた問題でした。“ 10 月 31 日に祝われている”ので過去分詞形にします。また具体的な日付には on を使います。

(6) 教科書でも出てきたネタですね。伝統的な日本食が人気なのは、脂肪分が少ないからです。これが分からなくても、他の選択肢は“新鮮な魚や野菜を使っていない”“ヘルシーではない”等、日本食が人気になる理由の説明にはなりません。

問 4  書き換え問題

(1) it for to の文です。 It is で書き始めることが多いと覚えておきましょう。あとは listening を to +不定詞の形に直すので listen にします。

(2) 比較は要注意です。今回は比較級を as 〜 as で書き換えます。元の文章で can が使われていますので、 can’t で否定します。

(3) when を接続詞として捉えます。なので when の後に he を主語に文章を書いていきます。

(4) “サッカーの試合を見ることが私をワクワクさせます。”という文章を作ります。動名詞、 make を上手く利用します。

書き換え問題は、消えてもいい語と、消えてはいけない語を見分けていく必要があります。 listening や start 、 watch など動きを笑わす語は、形は多少変化しますが、それ自体は消えてはいけない語です。

問 5  並び替え問題

(1) 過去分詞を用いた文です。後置修飾の文が自然に書けるように何度も練習です。

(2) “ Could you tell mehow to get to the< 目的地”と“ Could you tell me the way to the 目的地”の 2 つは道を聞く常套句です。暗記してください。

(3) 文が長くなった時に気を付けるのは、一番伝えたいことがぼやけることです。こうなると、語順が滅茶苦茶になってきます。

まずは、“ケンと私は親友だ。”という部分を作ります。その後に“ 10 年以上”という表現をつけます。時間や場所的な表現は基本的に文の最後の方に出てきます。“一番伝えたいことは何か”を常に考えておきましょう。

(4) 選択肢から so 〜 that 構文であることに気づけます。さらに接続詞 that があるということは、その後ろに、主語+動詞の形で文章が続いていきます。各語が文章中で果たす役割を整理していきましょう。

(5) これも“けん玉が何なのか”をまず説明します。 A kendama is a toy. を作ります。 be 動詞に注意しましょう。

be 動詞はその前後の語をイコールで結ぶ力があります。もし adults を置いてしまうと、“けん玉は大人です。”という変な文が出来上がります。作った文の後に、過去分詞を置いて、けん玉が“どのような”おもちゃなのかを説明していきます。

問 6  英文要約問題

(1) は直接答えがかかれていません。“子規が 22 歳の時に漱石に出会い、子規が 34 歳で亡くなる時まで友情が続いた。”とあるので計算して 12 が正解になります。

(2) はそのまま読み取ります。兄・弟どちらでも大丈夫です。

(3) は“素晴らしい友を持つこと”が正解です。“友を持つこと”や“友人”のような回答は避けましょう。書かれていることを、そのまま訳して回答にすることが、今後点数を取るうえで重要になります。

問 7  英作問題

突然懐かしさすら感じるお題が出ました。ただ、こういうお題こそ、点数を取りに行くテクニックを存分に使うことが出来ます。

自分の夢が実際にあるかもしれませんが、それを英語で表現できないのであればあきらめましょう。無理して書く必要はありません。自分が確実に書ける職業名を用いて書きいきましょう。

My future dream is to be a tennis player.Because I like tennis very much. So I have to practice it hard. I want to be a good tennis player like Kei Nishikori.

例えばこの文でも、 3 文以上 25 語以上、それをあげた理由、努力したいことなどの条件をクリアすることが出来ます。

将来の夢、高校生になってしたいこと、冬休みや春休みの予定等が今まで英作問題のお題として出されてきました。前もって考えておきましょう。それをそのまま書けば点数を取れます。

問 8  長文問題

今回は (3) や (5) のような日本語で説明するタイプの問題の解き方です。
(3) は that が指す内容を答える問題です。

基本的には直前の一文や直前の段落がそのまま答えになります。今回は星山理佳さんの羊の切手にまつわる話をまとめます。

解答用紙にガイドラインとなる日本語が既に書かれており、それぞれに“ 2003 年”“ 2015 年”と年号が入っていますので、それらを直前の早紀のセリフから見つけ、上手く訳します。“ 2003 年の切手では羊がマフラーを編んでいたこと、 2015 年の切手では羊がそれを身に着けていたこと。”が見つけられれば good です。

(5) は指定された語句を用いて答える問題でした。“ホルン”や“郵便配達人”という単語には注釈がつけられ、文末にまとめられていました。

注釈に載せられている順番が最後の方ですので、文章中でも最後の方に出てくることが予想されます。

実際答えになる部分は、文章の最後のマイクの長いセリフの中にあります。問題を解くために、毎度長文を読み直すのは骨が折れる作業です。効率的に正解につながる部分を探す技術を身に着けていきましょう。

- | comments (0) | trackbacks (0)