理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

学習指導 ブログ

中学三年 第二回 学習の診断分析 (英語編)PART2

第二回学習の診断分析続編です。


2回目の診断テストどうだったでしょうか。良い結果が出た人、あまりよくなかった人、それぞれだと思いますが、大切なのは“焦らないこと”です。英語のテストは多少の違いはありますが、基本的には似たような形式の問題が続きます。

早く解き方になれて、その部分だけは確実に点数を取れるようになりましょう。英語はここからが正念場です。新しく学ぶ文法に複雑なものが増えてきます。その分、問4・問5の問題の幅が広がっていきます。“覚えてしまう”のが近道の場合もあります。

学校で今学んでいることをしっかり覚えて、点数につなげていきましょう。

問5 並び替え問題

選択肢から大体の文の全体像をイメージし、ある程度の語の塊をつくれるようになりましょう。

(1) How many languagesは確定です。数を問う場合には“How many + 名詞の複数形”を作り、残りの選択肢で疑問文の残りの部分を作ります。今回は受動態の疑問文の形でした。

(2) Have you ever been toここまで一息で作れるようになりましょう。

(3) whenのような接続詞が選択肢に入っているときは要注意です。接続詞は文と文をつなぐものなので、主語と動詞が2つずつ出てきます。You look happyとyou are singingの2文をwhenでつなぎます。You are happyにしてしまうとすべてが崩れます。

(4) 日本語のヒントから“it A for B to C”の文だと気づけるように。これさえわかれば後は楽です。A、B、Cにそれぞれ何が入るのかもおさえておきましょう。

(5) how to makeの形を作ることも大切ですが、まずはしっかりと文章を作っていきます。主語はケンのおじいさんなので“Ken’s grandfather”です。それに動詞になる“showed”を続けます。showは“見せる”という意味なので、見せた相手が必要になります。

それは“me”です。よってKen’s grandfather showed meという並びが完成します。選択肢が多くなった時こそ、主語+動詞の形から作っていきましょう。特に今後、この考え方が大切になってきます。

問6 文章読解

短めの文章を読んで、要点をまとめる問題でした。問8の長文は基本的に会話形式ですが、入試本番では、この問6のような1人の人物の視点から書かれた形式の長文問題も出てきます。必要な情報を読み取り、それを日本語で答える場合には、しっかりとその部分の訳をとりましょう。

,砲working hard、△砲money、にはto help sick peopleの訳がそれぞれ答えとして入ります。今回の回答はそれぞれ短めでしたが、例えば“山中先生の31歳の時の考えはどのようなものでしたか。2つ答えなさい。”という問題が出ることもあります。

そうなれば“I want to get a good job and I want to get money for studying.”の部分を読み取り、しっかりと訳す必要があります。

問7 英作問題

A→B→Cとどのように話が展開しているのかをまず読み取ります。描かれているまま読み取ってください。“タロウが漢字クイズを出した。

お題は川。”→“一人の生徒が正解を出した。”→“タロウはその生徒にプレゼントを渡した。”という流れです。それぞれを英語で書ければ3文以上はクリアできます。同時に20語以上もクリアできると思います。

難しいと感じたら、もっと日本語を簡単にして考えてみましょう。“タロウが質問をした。”→“女の子が答えた。”→“タロウはプレゼントをあげた。”まで簡略化することは可能です。

自分がかける範囲の英語で書いていきましょう。毎回触れますが、最後まで書けなくても、そのまま解答として提出してください。採点基準を満たしていれば、満点は無理でも1,2点取ることが出来ます。

問8 長文問題

文頭の日本語の説明文から、登場人物が翔太、ルカ、アナンド、場所は教室であることが分かります。次に文の後に書かれている単語の意味に目を通すと、テーマが“笑い”であることがなんとなくわかります。この情報を基に、この文章を読んでいきます。

今回は(1)の解き方・考え方を解説します。注目すべきは、その前後です。そこがしっかり読めれば大体正解を出すことが出来ます。選択肢それぞれどのような意味でしょうか。これもラフに意味を取ってみましょう。

ア:参加して良い?イ:どこでそのコメディアンが見れる?ウ:彼をテレビで観れる?エ:今週末何する?オ:週末どうだった?という感じです。Aの場合、それに続くルカの“まだ決めてない。”がヒントになります。Yes/Noの答えしか返ってこないアとウは消えます。

過去のことを聞いているオも消えます。イかエが残りますが、答えはエです。Bの場合、それに続く翔太の“もちろん。”がヒントになります。“もちろん。”は言い換えると“はい。”です。つまりYes/Noの答えが返ってくる質問を選ぶ必要があります。アかウに絞られます。

ここだけを切り取るとどちらも答えとして可能ですが、Bの前の翔太のセリフを見ると、“僕の家で、好きなコメディアンのDVDを一緒に観ない?”と聞いていることが分かります。

誘いに対する答えを出さないといけないので、正解はアです。Cの場合、それに続くアナンドの“いいえ。”がヒントになります。これだけで十分です。Yes/Noの答えが返ってくる質問はアかウしかありません。Bの解答がアでしたので、残りのウが答えになります。

このように答えを見つけていくことが出来ます。一つ注意しておきたいのが、こういう複数の選択肢から各問の正解を選んでいくタイプの問題の答え方です。

今回は3問でしたが、多い時には5問ほど答えなければならいこともあります。もし、Aの解答を間違えてしまうと、残りの問題もすべて間違えてしまう危険があります。よってこのタイプの問題は、一問一答型で答えてください。“Aでイと答えたけど、Cの答えもイの気がする。

でもAで使ったから他の選択肢から考えよう。”としてしまうと、2問とも落とす可能性があります。であれば、AもCも答えをイにしておきましょう。
- | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks