理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

成績UP体験記

『早い段階で得意科目を1つ作り善一高に合格』PART

『前回の早い段階で得意科目を1つ作り善一高に合格』待望の続編です。


少しでも興味のある英語で少しずつ勉強に慣らしていこうという策です。興味があるといっても、中学1年時の英語で、簡単な単語のスペルが書けないといったレベルです。

今までの遅れを取り戻すべく、単語から徹底して学習し始めました。夏休みに入るころには、簡単な単語や文法を覚えて英語が少しわかるようになりだし、夏の宿題を自分で仕上げて持ってきたのには驚きました。

それから、英語の成績はぐんぐん上昇して行きました。2回目の定期試験では、学校の授業も予習できるレベルになり70点ほど取れるようになりました。他の教科は、ばらばらですが、平均50〜60点といったところでしょうか。

ここで、英語の他に数学も受講したいという本人からの申し出があり、数学の授業もスタートさせることになりました。プラスとマイナスがカッコの前や中にある場合などがよく理解できていなかったせいもあり、基本的な計算問題から学習のやり直しです。

そのようなレベルなので、文章問題になるとちんぷんかんぷんという状態です。そんな数学でしたが、塾から出された宿題をきちんとこなしていった結果、我々講師陣は少しずつ手ごたえを感じはじめます。

その後、基礎をみっちり学習させていたということもあり、計算に凡ミスが少なくなりました。しかしながら、文章題はまだまだちんぷんかんぷんといったレベルです。

そこで、問題パターンを整理し、解き方を順を追って理解させると、英語と変わらないぐらいまで成績が上昇しました。

その後、そういった数学や英語で苦労した経験をもとに自分なりに工夫し、他教科も徐々に勉強しはじめます。

社会、理科はほぼ暗記教科なので、中学3年時の夏や冬の講習でみっちりとやり、さほど苦労することもなく合格基準点まで達しました。


この学生は、努力の末、熱心な部活動も続けて、なんと善一高に合格することができたのです。早期の学習や早期における学生の方向付け次第で良い結果が生まれるのだと改めて実感しました。(完)


理数館教務課
-

早い段階で得意科目を1つ作り善一高に合格』

中学1年生になったばかりの生徒のお母様から次のような相談がありました。『小学生の頃から塾にもやらさずになんとなく中学1年生になったんやけど。

これからどうしようかおもとんや。』とのことです。お母様としては、中学生にあがるはじめての子供であり、真剣に悩まれているというお話でした。成績はというと、ちょうど、一回目の定期テストが終わったばかりでしたが、勉強が嫌いであまり芳しくなかったようです。

理数館では、数学と英語をとりあえず希望したいとのことでした。また、『部活動に熱心になりすぎて高校進学に差し障りがあるようであれば、部活動をやめさせる。』と学校の先生に相談しようかと思っているとまでおっしゃられていました。

我々はそこまでする必要はないと思い、次のように申し上げました。『まだ、中学1年生なので部活動はそのままやらせてあげてください。学習の方は、すべての教科を欲張るのではなく得意教科を1教科でも作って自信を持たせてあげるというのはどうですか?』と助言しました。

そうはいってもまったく、学習の癖がついておらず、やる気のない学生を教えるのは至難の技です。中学生担当の講師でミーテイングを開いてこの学生について打ち合わせしました。英語と数学のうちで、比較的本人が興味をもっている英語の成績をあげようということで結論が出ました。

もちろん、これは、数学や他の教科をないがしろにするというのではなく、いっぺんにすべてやろうとしても精神的な負担も重いので


PART2に続きます。乞うご期待!

理数館 教務課
-