理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

学習指導 ブログ

中学三年 第三回 学習の診断分析(英語編)

2016年度第3回 学習の診断分析

3回目の診断はいかがでしたか。前回から1か月ほどしか空いておらず、バタバタしたかもしれません。その間にすでに定期試験があった学校もあれば、これから定期試験が始まるという学校もあるでしょう。これからはこのような感じで進んでいきます。

すべての試験で良い点を取るのは難しいことです。ただ、“この前テストしたばかりだから”という言い訳に逃げるのもやめましょう。何度も何度もテストを解いて、それで自分の力が固まっていきます。また、得点の浮き沈みをこれから経験することになります。“前回は良かったのに今回下がってしまった。

”逆に“前回悪かったけど今回はよく出来た。”ということもあり得ます。もちろん自分の得点を真摯に受け止めることは大事ですが、極端に一喜一憂することは避けましょう。点数の内訳に注目してください。

自分はどこが得意なのか、これは今後の得点源を見極めるうえで役立ちます。また自分はどこで点数を落としやすいのか、これは弱点発見に役立ちます。どこで確実に点を取り、弱点部分をフォローできるのか、自分なりの得点パターンを見つけていきましょう。

英語はここからが勝負です。難しい文法に入っていきます。加えて診断の問題の幅も広がっていきます。それに圧倒されてしまうのではなく、“最低でもこの点数は取れる。どこを頑張ればあと数点伸ばせるか。”こういった点を考えながら、今後の試験に臨んでいきましょう。


問1 リスニング問題

前回はB問題について説明しました。復習しておきましょう。各選択肢のラフな意味を取ってみましたか。今回は各選択肢が長めの英文でした。要点をおさえた訳が取れていれば大丈夫です。

(1)は、ア:英語の先生。イ:2か月前スピーチコンテストの練習開始。ウ:先週スピーチコンテストに参加。エ:姉と英語を練習。ぐらいで構いません。主語が全てコウジなので、わざわざ訳出する必要はありません。

(2)は、ア:ホワイト氏の息子はトモコの近くに住んでいない。イ:トモコは次の夏休みに帰ってくる。ウ:ホワイト氏はトモコを恋しく思っている。エ:トモコはホワイト氏から連絡をもらった。です。これは少し難度が高い問題でした。ただ、トモコとホワイト氏が、ホワイト氏の息子のことを話している内容が聞き取れれば、自然とアが選べると思います。

(3)は、ア:ブラウンさんはテニスラケットを見せている。イ:トムはテニスを習っている。ウ:トムは良いテニス選手だ。エ:ブラウンさんはテニスが下手だ。内容は、トムがブラウンさんからテニスを習っている内容でした。答えはイになります。

途中“I'll show you the way to use a racket.”と聞こえますが、これは“ラケットの使い方をお見せします。”という意味で、決してアの意味ではありませんのでご注意を。C問題について考えてみましょう。

長めの英文を聞いてから3つの質問に答える難度が高い問題です。ここでもやはり問題文をよく読みます。全部日本語で書かれていますので助かります。(1)の滞在日数ですが、素直には言ってくれていません。

“今日が5日目で、あと2日愛媛にいる。”という表現から、滞在日数が7日であることを聞き取ります。(2)は青島の特徴を聞き取ります。たまに地元のニュース番組でも取り上げられていますが、“青島=猫の島”ですね。

今回の問8の長文問題もそうでしたが、診断テストや入試は地元色が濃く出ます。普段から香川県内のニュースに触れておくことも大事です。まったく知らない内容を聞き取るのと、ある程度知識のある内容を聞き取るのとでは、聞こえ方がグッと変わります。地道な努力を続けましょう。

さて(3)ですが、(2)の解答部分のすぐ後に出てきますので、聞き取るのが大変だったかもしれません。“〜に興味を持つ”という意味の“be interested in”を聞き取るように尽力しましょう。正確には“been interested in”ですが、“interested”だけでも聞き取れれば、その後に解答部分が聞こえてくるぞと心の準備が出来ます。

問2 共通問題

今回は(5)、(6)の解き方です。
(5)は、“ふさわしくないもの”を選んでください。ここを読み落としたが故に間違う人が多いです。“ふさわしくない”とは、会話が成り立たないことを意味しています。明らかに変な表現が1つ出てきますので、それを探してください。

Aさんは、“このジャケットは好きだが、大きすぎる。”と言っています。では何をBさんにお願いするでしょうか。ア:小さいサイズ見せてくれますか。イ:大きいやつありますか。ウ:ほかのサイズありますか。エ:Mサイズ見れますか。がそれぞれのラフな訳です。“大きすぎる”と言っているわけですから、Aさんが欲しいのはより小さいサイズです。よって“イ”が“ふさわしくないもの”だとわかります。

(6)は様々な形式があります。今回は反対の意味を持つ語をそれぞれ答える問題でしたが、共通して入る1語を答えさせる問題もあれば、発音は同じでも綴りが違う語、いわゆる同音異義語を答えさせる問題もあります。難易度が少し上がりますので、難しいと感じたり、答えがすぐに浮かばなかったりすれば、飛ばしても良いタイプの問題です。

ただ、良い点を取るためにも解き方を説明しましょう。今回答えるべきは動詞の対義語でした。意外と少ないです。形容詞であれば比較級で勉強した通り、高いと低い、早いと遅い、新しいと古い等、対義語は沢山出てきますが、動詞はそこまで多くありません。Aさんは“一週間前に時計を○○した。”と言っています。

それに対してBさんが“お気の毒に。探そうか?”と聞いています。この時点で、Aさんは時計を“なくした”ことが分かります。“なくす”の対義語は“見つける”ですね。この2つが答えになります。

問3 選択問題

この問題では、答えの探し方を解説します。

(1) このタイプの答え方を今のうちにおさえておきましょう。日本語的には“です。”という訳になる部分です。シンプルに疑問文のタイプと時制を読み取ってください。一般動詞を用いた過去形の疑問文なので、“did”で答えることになります。Bを詳しく書けばMy brother made these wonderful cakes.になります。このmade以下の部分をdidで書き換えているというイメージです。

(2) enjoy+動名詞です。悩む必要はありません。速攻で答えましょう。
(3) 比較です。何と何を比べているのか明確にします。“東京はニューヨークより寒いか?”という問いに対して“そうは思わない。”と答えていますので、“ニューヨークは東京より寒い”が答えです。

(4) 選択肢次第では難度の高い問題になりそうでしたが、そうではありませんでした。特に主語が無生物の場合に言えることですが、動詞は主語の行為になります。これは忘れないでください。ア〜ウまでは“バナナが売っている又は売っていた”という意味になります。明らかにおかしいですね。バナナは“売られる”ものなのでエが正解になります。

(5) 少し難しい問題でした。ビニール袋を使うことが環境に悪い理由を答える問題でした。受動態の中にはbyを伴わない形の表現もあります。be made fromはおさえておきましょう。

(6) 誰が誰にお願いしているのかをしっかり読み取ります。“彼に、私に連絡くれるよう、あなたにお願い”しています。アは“あなたに掛け直すよう私に言ってださい。”イは“彼に私に掛け直すよう言ってください。”ウは“彼に掛け直すようあなたに言ってもいいですか。”エは“彼に掛け直すよう私に言ってください。”となります。複雑ですが、ここは丁寧に訳を取って正解を見つけましょう。

問4 書き換え問題

問われている形は大体同じようなものです。パターンをおさえましょう。
(1) stillが出てくれば、ほぼ100%現在完了の書き換えですが、若干ひねりのきいた問題でした。“昨日から雨が降っている”を“一日の間雨が降っている”に書き換える必要がありました。

(2) “生まれる”という意味のbe bornを主語と時制に合わせて書きます。そして日にちの特定の日にちの前にはonが入ります。inではないので注意。
(3) make A Bの書き換えは、今後よく見るかもしれません。もとの文章から雰囲気がガラッとかわりますので、make A Bを使う気配を感じ取ってください。“○○すると眠くなる。”とか“○○して疲れた。”的な文章が来ると、make A Bを使う書き換えになります。


問5 並び替え問題

選択肢から大体の文の全体像をイメージし、ある程度の語の塊をつくれるようになりましょう。

(1) “100年以上前”を表すmore than 100 years agoを作ります。more thanで“〜以上”という意味です。
(2) 今回はwant to+動詞の原形のパターンでしたが、want+人+toのパターンも忘れずに。

(3) 遅れた理由を説明するので、過去の出来事になります。なのでhad toを使い、“〜しなければならなかった。”の表現を作ります。加えてhelp A withBの形は、並び替えで本当によく出てきます。まず手伝う相手を先に書き、手伝う内容を後に書きます。父の仕事を手伝ったので、help my father with his workになります。
(4) 接続詞を含む文章です。thinkの後のthatは今回省略されていますが、そこにthatがいることを忘れないように。that以下は最上級のbestを用いた文を書きます。
(5) 間接疑問文です。選択肢を見て、大体の文法が予想できるようにしておきましょう。
(6) help+人+toの文型です。

問6 グラフ読み取り

初めてみる形式だと思います。ただ、落ち着いてグラフを読み取りましょう。
選択肢のラフな訳を取ることが、ここでも役立ちます。ア:琴平は最も人気。イ:2006年、屋島は栗林公園よりも人気。ウ:小豆島は屋島より人気になったことない。エ:1994年、屋島は小豆島ほど人気ではない。オ:2010年よりも2002年、琴平に訪れる人多い。ぐらいで大丈夫です。グラフにこれらの訳を当ててみると、アとエが正解であることがわかります。

問7 英作問題

久しぶりにイラスト系ではない英作でした。あまり伝わってこないのですが、恐らく夏休みを1か月に短縮する事への意見を求めているものと思われます。
何度も触れている点ですが、自分の本心は無視です。書ける方で書きましょう。例えば、“短いと困る。夏休みは友達ともっと遊びたい。”なのか“短くていい。もっと勉強しないと。”なのか、どちらがミスなく書けるか、どちらが3文以上20語以上まで話を広げられるかで書いていきます。もちろん、1文しか書けなくても、消さずに解答として残しておいてください。

問8 長文問題

文頭の日本語の説明文から、登場人物が隼斗とカルロスであり、話のテーマがスペインの巡礼路サンティアゴ・デ・コンポステーラであることが分かります。最近四国88遍路と協定を結んだようです。
今回は(2)や(3)のような、空所補充問題や適切な意味を答える問題の解き方・考え方を解説します。
(
2)の空所に入る語を選ぶ問題ですが、まずは空所,入っている隼斗のセリフを見てください。“88巡礼とは祈るために四国にある88の寺を回ることである。もし巡礼を○○するなら、あなたの願いかなうと人々は言っている。”と、88巡礼について説明しています。実際回ったことがない人でも、88巡礼の目的を知っている人は多いことともいます。巡礼を与えるなら、巡礼を答えるなら、巡礼を後にするなら、巡礼を終えるなら、どの場合に願いがかないそうでしょうか。頑張って巡礼を終えた場合ですね。

(3)の意味を答える問題です。問題にもある通り、“対話文の内容から考えて、もっとも適当な意味を選ぶ”必要があります。orderの意味だけで判断しないようにしましょう。ア・イ・エのそれぞれの意味がorderにはあります。早とちりしないように。二人の対話を見ていくと、巡礼には3つの方法があると言っています。

1番目から88番目にまわる方法、88番目から1番目にまわる方法、自分の好きな寺からまわる方法です。その中でも一番人気なのが、1番目から88番目にまわる方法です。1番目の寺から右まわりで行く方法ですが、この文章を邪魔しないin orderの意味はエの“順番に”ですね。“1番目の寺から順番に右にまわり”ます。この手の問題は、その付近を読めば答えが分かります。残り時間が少なくなってきた時に、1,2点でも稼ぎたいと思うのであれば、これらの問題に目を向けてください。
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第三回 学習の診断分析(数学編)

第三回診断テスト分析(数学)

今回の診断は前回よりは難易度が上がったと思う。問1,2の計算は変わらないレベルだが、問3の図形が逆や平行四辺形の条件などの知ってはいるが、たくさん解いたわけではない部分が出されたので点を落としてしまった人もいるのではないか。

また問7の二次方程式の文章題、問8の図形の証明は難しかったと思われる。今回のようにあまり見たことのないタイプの問題が出ると、それだけで焦ってしまうことがあるが、こういう時こそ解ける問題を確実に解いてゆこう。また求められている条件にも気をつけて凡ミスによる失点を防ぎたい。

問1は計算問題。分数式、因数分解、平方根、二次方程式が出題された。新しく学習する単元で計算問題として出やすいのはここまでになる。とにかく計算の練習をして、確実にここで点を取るようにしよう。

問2は計算の応用。絶対値、式で表す、平方根、二次方程式が出題された。目新しい問題はなかった。(3)は最も小さい自然数だけを求める。

せっかく問題の解き方が分かっていても、すべての数を出してしまったら間違いになる。何を求めないといけないかを確認するようにしよう。

問3は図形からの出題。

(1)の角度の計算は取れるようにしておきたい。(2)は逆を答える。「○○ならば□□である」は「□□ならば○○である」になる。今回の問題は「二等辺三角形ならば二つの底角は等しい」に文章を変えて考えるとよい。

(3)は平行四辺形になる条件について。5つの条件は覚えておこう。その上で当てはまるものを選ぶ。(4)は側面積を求めるので、展開図を考える。間違えて表面積まで求めない事。πのつけ忘れにも注意する。

問4は規則性の問題。今回の問題は数を並べてゆくパターン。右上が二乗になっていることに気付きたい。

同じ数だけ増減するか、何かの二乗になるかが良く出てくる。(2)では求める左下の数が、その一つ前の部分の右上の数プラス1と分かると表せる。

問5は一次関数の問題。時間と位置をグラフで表している。(1)では速さを求める。このタイプでは傾き=速さでかまわない。ただし目盛りや単位には気をつけること。

(2)では直線の式を求める。速さ(傾き)が問題文から分かるので、あとはX=20、Y=800を代入すればよい。(3)は追いつく位置。追いかける人の式を(2)と同様に求め、交点を出せばよい。

問6は文字を使っての証明。「3でわると2余る整数」は「3n+2」になる。問2などでも問われることがあるので、まずはここが出来るようにしよう。

「3でわると1余る」ことを証明するので、「3×(nの式)+1」の形になるように変形する。あとは「nは整数」などの必要な語句を書き忘れないようにしよう。

問7は連立方程式の文章題。おうぎ形についての問題。おうぎ形の面積を文字で表してゆくが、出てくるπはあとでわることが出来る。Xの範囲の設定も忘れないようにしよう。

問8は図形の証明。三角形の合同を利用してある角が120°であることを示す。正三角形なので辺の長さや角度が60°であることが分かる。

まずは二つの三角形の合同を示すが、ここまでは難しくはない。ここから正三角形の一つの角が60°であることと、内角の和が180°であることを用いて証明してゆく。後半が分かりにくいががんばろう。

次回は二次関数と相似な図形までが範囲になる。二次関数は受験でもよく出題される単元。aの求め方、変域や変化の割合、グラフと直線の問題などを解けるようにしておこう。

また相似な図形は中三後半の図形の内容の基礎となる。ここが分かってないと、中三で習う図形全体を苦戦する。しっかりと理解していきたい。
- | comments (0) | trackbacks (0)

秋の定期試験対策・徹底分析 強化月間 【小学・中学・高校生 募集!】

当塾塾生・当塾保護者様・当塾をお考えの方

中学生は、9月の試験対策・試験結果はいかがでしょう。

既に、試験が終わった中学校では、前回の試験結果を反省して学習方法を改善して自信をつけた生徒もいます。これから試験の生徒は、試験対策をしっかりと取り組んでいきましょう。

さて、数学では学校の先生から「どうしてこんな基礎的な問題を落としてしまったのか?基本にもどれ。」という話をいただいた生徒がいます。

ただ、基本とは?基礎とは?もう一度考えてみましょう。

つまり、基本や基礎の概念を理解せずに、これまでの勉強法も吟味しないままにに、単純な計算問題ばかりを毎日していても成績向上にはあまり貢献しません。勉強の仕方を考えていかなければならないのです。

定期試験で60点から85点ぐらいの生徒が多いですが、ここからは基礎を固めて応用問題も、得点できるようにしていきましょう。

在校生には、中長期的な定期試験対策や学習の診断対策に向けて指導しています。

中学3年生の受験生には中学1〜2年の学習が反映できるような学習のお手伝いをさせていただいております。現在は、直前対策に向けた基礎固めを全力で行っています。


年内もあと僅かです。スポーツなどの今年やりたい事と今年やっておいたほうが良い学習を両立していきましょう。そして、来年以降も充実した学校生活を送りましょう!

当塾では、この秋から冬にかけて、5名のみ新規で募集致します。部活動と勉強を両立して成績を向上させたい生徒のお手伝いができれば幸いです。

勉強がわからなくなってきたら、もしくは、これまで以上に飛躍的に成績を向上させたいと思ったら、ぜひとも、当塾にご相談ください。


理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)