理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

学習指導 ブログ

中学三年 香川高専(県外高専対応) 受験直前対策コース(二名限定募集)

当塾塾生・当塾保護者様・当塾をお考えの方

【中学3年生・高専受験対策コース限定募集のご案内です。出身中学は問いません。】

当塾では、毎年のように、中学三年生が、7月〜8月末にかけても、全国制覇を目指しています。そして、部活動に熱心な生徒が、勉強にスポーツにがんばっています!吹奏楽など、9月になっても部活動を続けている生徒もいます。

しかし、これからの時期は、中学3年生は、部活動から受験勉強へシフトしていきます。

どうして、冒頭で、高専受験について、部活動の話をしたかと言うと、高専に入学すると、高専では、勉強だけでなく、部活動も非常に熱心に行っていると聞いているからです。高専で、大好きな部活動を頑張れます!

また、最近では、女子生徒で、高専を目指したいと言う相談もあります。

中学三年生の皆さんは、高専受験・高校受験が迫り、高専や高校の生活がどうだろう?と思いながら、受験に向けた忙しい日々を送ることだと思います。我々にとっても、毎年この瞬間が一番やりがいのある季節です。

大きな夢を描いて志望校にチャレンジし、見事に合格できた生徒。部活動の大会で順調に勝ち進み優秀な成績は残したが、受験勉強を始めるのが大幅に遅れてしまった生徒。

そのような生徒がスポーツで養われた集中力や持ち前の根性で大逆転を起こし受験に成功した例。高校に入っても部活がしたい一心で時間のない中、努力して合格していった生徒。

苦手な教科の対策による得点UPによって、見事合格を勝ち取った学生。今までさまざまな学生と一緒に闘った受験の日々が今でも鮮明に浮かびあがります。

受験までの時間は限られています。受験までの限られた時間を有効に活用し、生徒を合格に導くプログラムに、理数館ならではのノウハウがあります。

学習の積み重ねが功を奏し、この時期からワンランクアップして見事志望校に合格した生徒もいます。

当塾では、進路指導に、成績UP、そして個別の面談により受験に対する精神的ストレスのケアまで総合的に受験生を支援します。また、当塾では、現時点では、塾生が、中学卒業後、高専に入学しても、高専対策コースにて、高専の一年生から高専の四年生・五年生迄、継続的に指導しています。

さて、今年も受験を乗り越えて、生徒の夢を叶えられるように講師一同一緒にがんばってまいります!

是非とも、理数館に勉強の仕方や部活動で培った集中力を勉強に活用する方法を、学びに来て下さい。

受け身の学習ではなく、自発的な学習へと自分を変えていくお手伝いをさせていただきます。


理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年生 直前受験対策コース 『2名』募集のご案内です。出身中学は問いません!【11月末まで】

当塾塾生・当塾保護者様・当塾をお考えの方

【中学3年生の受験対策コース限定募集のご案内です。出身中学は問いません。】

高校受験が迫り、忙しい日々を送ることだと思います。我々にとっても、毎年この瞬間が一番やりがいのある季節です。

当塾では、毎年のように、部活動に熱心な中学三年生が、7月〜8月末にかけても、全国制覇を目指して、勉強にスポーツにがんばっています!吹奏楽など、9月になっても部活動を続けている生徒もいます。

ただ、これからの時期は、中学3年生は、部活動から受験勉強へシフトしていきます。


大きな夢を描いて志望校にチャレンジし、見事に合格できた生徒。部活動の大会で順調に勝ち進み優秀な成績は残したが、受験勉強を始めるのが大幅に遅れてしまった生徒。

そのような生徒がスポーツで養われた集中力や持ち前の根性で大逆転を起こし受験に成功した例。高校に入っても部活がしたい一心で時間のない中、努力して合格していった生徒。

苦手な教科の対策による得点UPによって、見事合格を勝ち取った学生。今までさまざまな学生と一緒に闘った受験の日々が今でも鮮明に浮かびあがります。

受験までの時間は限られています。受験までの限られた時間を有効に活用し、生徒を合格に導くプログラムに、理数館ならではのノウハウがあります。

学習の積み重ねが功を奏し、この時期からワンランクアップして見事志望校に合格した生徒もいます。

当塾では、進路指導に、成績UP、そして個別の面談により受験に対する精神的ストレスのケアまで総合的に受験生を支援します。

今年も受験を乗り越えて、生徒の夢を叶えられるように講師一同一緒にがんばってまいります!

是非とも、理数館に勉強の仕方や部活動で培った集中力を勉強に活用する方法を、学びに来て下さい。

受け身の学習ではなく、自発的な学習へと自分を変えていくお手伝いをさせていただきます。


理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第三回 『学習の診断分析』(英語編)

2021年度第3回 学習の診断分析

【今回の診断は】

分詞を用いた表現のような、難度高めで且つ出題頻度が高い文法が出始めています。早いうちに用法に慣れておきましょう。また問題2、4、5辺りには、似たタイプの問題が良く出るので、今までの学習内容の復習をお忘れなく。

問1 リスニング問題

Bの問題も事前に選択肢の訳を書いておきましょう。例えば(2)は、ア 医者に行った。イ 祖父の所へ。ウ 野球した。エ 家にいた。ぐらいで大丈夫です。解くのが断然楽になります。

また、(1)はイウエの選択肢が放送内容に含まれています。聞き取れたものだけで回答すると間違えてしまうので、1回目の放送で質問をしっかりと聞き取りましょう。2回の放送を上手く利用してください。

問2 共通問題

発音問題に出てくるsaidとreadは要注意です。sayの過去形であるsaidと三人称形のsaysは“セド”“セズ”と発音し、“セイド”“セイズ”とイの音が出ません。発音間違いを狙ったひっかけ問題がよく出るので注意しましょう。

またreadは、現在形と過去形のつづりは同じですが発音が変わります。“リード”と“レッド”です。今回は過去の話ですので、“レッド”の発音になります。

問3 四択問題

(1) 約50年前に建てられたので、過去形の受動態を使います。ウが正解です。
(2) sinceから現在完了形であることが分かります。今回は現在完了進行形のエが正解です。
(3) 難度高めでした。Aは図書館までの行き方を聞いています。アが正解です。
イはかかる時間を、ウは自分の行き方を、エは図書館の感想を答えています。ウはHow can“you”get to 〜?であれば正解になります。
(4) Aの2つのセリフから、Bがまだニューヨークに行ったことがないことがわかります。イが正解です。
(5) 明日の予定を話し合いたいAに対して、午前中は仕事だが12時には終わるとBは言っています。よって話し合えるのは12時以降になります。アが正解です。

問4 対話文完成問題

(1) “エリのケーキは彼女のお母さんほど上手ではない”を“エリのお母さんは、エリより上手にケーキが作れる”に書き換えます。better thanで表現します。goodの比較級・最上級は大事です。
(2) “教えてください”を“let me know”で表します。let+人+動詞の語順です。
(3) 2年間このパソコンを使っているので、現在完了形の継続で表します。
(4) 難度高めです。so〜thatの表現に慣れておきましょう。
(5) 過去分詞を用いた後置修飾の形です。今後よく出ます。

問5 並び替え問題

選択肢から大体の文の全体像をイメージし、ある程度のかたまりをつくれるようになりましょう。

(1) ピアノを弾けるかどうかなので、答えは“はい”か“いいえ”です。HowではなくDo you knowで書き始めます。howは“how to+動詞の原形”で“〜の仕方”を表すために用います。
(2) It for toの文です。さらに「It 形容詞 for 人 to 動詞」と間に何が入るかまでおさえておくと文が書きやすくなります。
(3) 接続詞のthatの理解は今後ずっと大切になります。thatの後には主語+動詞の文が続きます。この問題のようにthatは省略されることもあるので、それも見落とさないようにしましょう。
(4) “ギターを弾いているあの少年”を現在分詞の後置修飾を用いて書きます。That boy playing the guitarが主語のかたまりになります。
(5) これも答えは“はい”か“いいえ”です。WhenではなくDo you knowで書き始めます。whenは間接疑問文で用います。語順にも注意です。

問6 短い英作問題

気遣いの言葉や電話での会話等々、各状況でよく使うフレーズは丸覚えしておきましょう。4択問題や並び替え問題にも応用することができます。

問7 英作問題

前回も触れましたが、英作の鉄則は、自分が書けるテーマを選ぶことです。
とはいえ、今回はテーマが難しかったですね。地元香川県で1つ書けるようにしておきましょう。

そうすれば、“香川県を初めて訪れる外国人へ”“香川県に遊びに来る海外の友人へ”“ホストファミリーへの手紙”“地元の紹介”等々のテーマに利用することができます。英作は問題毎に新しい文章を考えていく必要はありません。いくつか文章を蓄えておいて、問題に合った形でそれを出していきましょう。

問8 長文問題

(2)型の解説です。
,魯ぁ璽船Д鵑いつ日本に来たかを答える問題です。1行目に、日本に住んで1年になると言っているので、彼が日本に来たのは“1年前”になります。

△蓮∈さくらの地元でたくさんの星を見られるかどうかを聞いています。解答は“はい”か“いいえ”です。本文中にNow, we can’t.とあるので、No, she can’t.が答えになります。

は、水道水が飲める国の数を答えます。これは明確に、only 15 countriesと書かれていますので、そのまま書きましょう。

本文中に散らばっている情報を集めて解答を作るタイプの問題はレアです。そのまま抜き出したり、少し手を加えたりすることで、意外と簡単に解答は作れるので問題に圧倒されずにチャレンジしてみてください。
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第三回 『学習の診断分析』 (数学編)

第三回診断テスト分析(数学)


【今回の診断は】

前回よりは難易度は上がった。問1,2の計算は変わらないレベルだが、問3の(4)や問8の図形の証明はあまり見かけない図なので焦ったかもしれない。問6の文字を使う証明は基本的な問題だったが間違いを訂正するという、こちらも今まで見かけないタイプの問題だった。

分かれば出来る問題だが、文字を二つ使う意味が分かってないと考えにくかったかもしれない。ただ文字を使う証明自体は入試で問われることもあるので、出来なかったなら復習しておこう。問5の関数、問7の2次方程式の文章題はよくあるタイプの問題で難しくはない。

【次回の診断は】

2次関数と相似な図形までが範囲になる。2次関数は受験でもよく出題される単元。aの求め方、変域や変化の割合、グラフと直線の問題などを解けるようにしておこう。また相似な図形は中三後半の図形の内容の基礎となる。ここが分かってないと、中三で習う図形全体を苦戦する。しっかりと理解していきたい。

問1は計算問題。

正負の数、文字式の計算、一次方程式、因数分解、平方根、2次方程式が出題された。(6)の二次方程式は二乗=分数の形になる。√を付けるときに±を忘れないように気をつけよう。学習した単元で計算問題として出やすいのはここまでになる。ここで点を落とすのはもったいない。とにかく計算の練習をして、確実にここで点を取るようにしよう。

問2は計算の応用。

文字式で表す、自然数x、yの組、乗法公式を使った変形、平方根の大小が出題された。(3)は一旦a−bを二乗してから変形する。(4)の平方根の比較では整数はまず二乗して√と比べよう。

問3は図形からの出題。

(1)はねじれ。平行な辺と交わってる辺を除くと答えになる。今回は問われなかったが、延長して交わる辺も除こう。(2)は角度の問題。三角形の内角と外角の関係を上手に使うと求めるxの近くの角尾が分かる。

(3)は半球の表面積。公式を÷2するだけでなく、底面の円の面積も忘れずに計算しよう。(4)は角の二等分線と平行を使って周の長さを求める問題。あまり見かけない図だった。平行なので錯角を使ってどの角が同じ角かが分かる。そこから二等辺三角形を見つけて長さを考える。

(5)は同じ面積になる三角形の問題。△EMC=△AMBを見つけることと、△AMBが正方形を四分の一した図のさらに半分であることが分からないといけない。よって求める面積は16の八分の一である2となる。

問4は規則性の問題。

分母は同じで分子だけ変化する。分子は1,3,5,7…となるので2ずつ増える奇数。(1)は2ずつ増えるので8番目は15となる。(2)のn番目の数は分子は2n−1、分母は2。(3)は(2)の式を使って計算していく。n+1番目の数の分子は2n+1。

問5は一次関数の問題。

グラフを読み取る問題。時間が横軸、距離が縦軸で人が移動する。題材としてはよくあるものになる。傾きが速さになる。(1)では滞在時間を求める。グラフは水平になっているところを見るだけなので10分。

(2)ではグラフから式を求める。まことさんが学校に着いたのは40分で、お兄さんは6分前に着いているので34分に学校に着いている。(10,0)スタートで(34,1800)到着。二つの点が分かっているのでy=ax+bに代入して計算する。(3)は(2)で求めた式にy=1200を代入。あとはxが分かる。

問6は文字を使っての証明。

「偶数と奇数の和は奇数である」という、文字を使った証明としてはよくある問題だが、今回は証明自体は書かれていて間違いを訂正するという珍しいタイプの問題。なので大まかな流れは同じでいい。どこが違っているかだが、「偶数を2n、奇数を2n+1」としているのが間違い。「偶数を2m、奇数を2n+1」などと違う文字で表さないといけない。

問7は二次方程式の文章題。長方形の面積についての問題。元の正方形に縦に+3、横に+5付け加えて面積を計算する。xの確認も忘れないようにしよう。x>0になるのでx=7のときに問題にあう。

問8は図形の証明。二つの辺が等しいことを示す。台形の一部で平行が使える。錯角や対頂角が等しいので角が等しくなるので、二等辺三角形を示す。よって辺が等しいことが言える。
- | comments (0) | trackbacks (0)