理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

学習指導 ブログ

中学三年生 第3回学習の診断分析 数学編!

第三回診断テスト分析(数学)

問1、2は計算問題中心。計算では正負の数から二次方程式までバランスよく出ている。不等式で表すことや、素数の理解についても出題された。出来なかった問題は類題を練習して、確実に出来るようにしておこう。

問3は図形からの出題。特別な四角形になる条件や展開図からねじれを考える問題が出た。(4)(5)では中1で学習した円柱、球の表面積や円すいからおうぎ形の中心角を求める問題が出た。今後も中3内容と関連させて立体が出てくる可能性が高い。中3で図形を習う前に中1の図形は復習しておこう。

問4は規則性の問題。二乗になったり、同じ数だけ増えたりする規則性をnの式で表すことが出来るようにしよう。

問5は一次関数の問題。点が動くタイプの問題。(1)(2)は具体的な数字なので考えやすい。(3)(4)のようにXの動く範囲によって式がどうなるかがイメージ出来るか、がポイントになる。

問6は二次方程式の文章題。よく見かけるタイプの数の問題。気をつけないといけないのは、最終的に求めるものが、ある自然数ではなく正しい計算の結果だということ。何が問われているのか意識して問題を読んでいこう。

問7は図形の証明。直角三角形を用いて合同を示し、そのあとで二等辺三角形であることを証明する。合同を示した後、対応する辺や角を用いて証明する書き方に慣れておこう。

問8は図形の証明。平行四辺形の性質を用いて三角形の合同を示す。平行四辺形なので、錯角が等しい事に気づくことができるかどうか。

今回の診断は前回よりは難しくなっている。問3の図形で簡単な問題がなく、分かっていないと解けない問題になっている。問5の関数も動点の問題なので考えにくかったかもしれない。

 次回は二次関数と図形の相似の初めまでが範囲になる。二次関数の問題では変域や変化の割合は押さえておきたい。二次関数と一次関数の融合も当然問われるので、復習を忘れずに。中3で習う内容についてゆきつつ、中1,2の復習もしっかりしておこう。

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年生 第3回学習の診断分析 英語編!

第三回診断テスト分析(英語)

問1 リスニング問題

リスニングで安定した点数が取れることが理想です。

長い文章を聞き取る問題では、途中でメモを取ることも大事です。
ただし、全文書き取る必要はありません。“誰が、どこで、何をしたか”を書き取れるように努力しましょう。

問2 共通問題

(1),(2)のアクセント、発音問題が苦手だと感じている方が多いかもしれません。アクセントは実際に小声で読んでみるか、心の中で読んでみることをお薦めします。大袈裟なぐらい強く読んでみると答えが分かりやすいこともあります。

また、発音問題では、まずは正しい発音を覚えることが大事です。つづりを覚えるために、ローマ字読みや語呂合わせで覚えてきたかもしれませんが、発音問題では各単語の“正しい”読みが出来ていないと正解にはたどり着けません。今一度、単語の“読み”を見直しましょう。

(5)のふさわしくないものを選ぶ問題では、会話のつながりを読み取ることが必要です。特に依頼文が出た場合には、誰が誰にお願いしているのかに注目してください。Could you, Will you, Can youなどは“相手に何かをお願い”しています。逆にShall I, May I, Can I などは“自分が何かすることを相手に申し出ている”ことになります。

問3・・・・・ 選択問題

毎度のごとく文法の理解度が総合的に問われています。
今回は6問中3問が比較的長めの文章で答えるものでした。問われているセリフの、次のセリフに注目してください。

(4)はい。私は去年の夏、そこに行きました。
(5)では、その時間までに終わらせましょう。
(6)土曜日です。

どんなセリフを入れれば、これらの返答が返ってくるのか考えましょう。


※文法問題は、新しい文法を学習すればするほど問題のパターンが増えていきます。新しく学習したことに気を取られて、すでに学習したことのある文法を見落とさないようにしましょう。また試験の度に、学習した文法の基本形だけでも良いので、見直しを行うよう心掛けてください。

問4・・・・ 書き換え問題

書き換える前の文をよく読み、意味を理解することを心がけてください。
また、その文を的確に言い換える能力も必要になってきます。

(1)本を読むと、時々眠たくなる。→ 読書は時々私を眠くさせる。
(2)私は初めてソフトボールをします。→ 私は今まで一度もソフトボールをしたことがありません。※この形は、前回の診断でも問われていました。
(3)すべての子供はサッカーファンです。→ すべての子供はサッカーが好きです。
(4)彼は友達からタクと呼ばれています。→ 彼の友達は彼をタクと呼びます。
完了形、受動態はよく問われます。何度も練習して点数を取れるようにしましょう。


問5・・・・・ 並び替え問題

並び替えは、悩めば悩むほど単純なミスを犯してしまうことがあります。
選択肢からどんな文法を用いた文を書くべきなのか判断してください。

(1) as~asを用いた表現
(2 )接続詞ifを用いた文
(3) 受動態
(4) 接続詞whenを用いた文
(5) 疑問詞+toの文
(6)without ~ingを用いた文

また、出来た文を再度見直すようにしましょう。主語+動詞の関係がはっきりしていますか。to+動詞の原形、助動詞+動詞の原形のような基本ルールがしっかりと表せているでしょうか。完答で1点の問題ですので、惜しいミスで点を落とさないように気を付けましょう。

問6・・・・・ 会話並び替え問題

各選択肢の簡単な和訳を取ります。
ア宿題がたくさんありますか。
イ疲れているみたいだけど、どうしたの。
ウそうですか。もっと早く寝るべきですよ。
エいいえ、12時までゲームしていました。
オわかりました。そうします。
カ昨晩よく眠れなかった。
このように会話の流れが見える程度の簡単なもので大丈夫です。
これらが自然な会話になるように並び替えていってください。

問7・・・・ 英作問題

今回の英作に戸惑った生徒さんが多いようです。
ただ、各問いで求められていたのは3語以上の英文だったので、書きたいことがある程度予想できれば、文自体は書きやすかったかもしれません。
実は入試では、イラストから自分で予想して文章を考える問題が良く出されます。

素直にイラストを読み取りましょう。難しいと感じたなら、日本語から考えてもいいかもしれません。
,任△譴弌彼は風邪をひいている。部屋で寝ている。
△任△譴弌雨の中サッカーをしていた。
であれば、数日で良くなる。
い任△譴弌一緒に学校に行きたい。彼に会うのを楽しみにしている。
といった感じで、文章を考えてみましょう。

また、どのような問題であっても、三人称や時制、助動詞+動詞の原形等、基本的なルールを見落とさないように気を付けてください。
小さなミスの積み重ねが大きな減点になってしまいます。

問8 長文問題

今回のテーマはマテ茶でした。また、最近話題になった香川県民の野菜摂取量の低さの話題も含まれていました。

文章の前半は短いセリフのやり取りが続いていましたので、文章量の割には比較的読みやすかったかもしれません。

長文は必ず問われる問題で、この形式の問題で点数を取れなければ入試は厳しいです。

まずは学校で使っているテキスト内容の意味を確実に取れるようにし、それに加えて他の参考書等で、長文を読むことに慣れていきましょう。

数をこなせば必ず読めるようになります。まだまだ時間はありますので、長文問題への苦手意識を克服していきましょう。

総括

3回目の診断はどうでしたか。今まで解いてきた3回分の診断テストの得点はどのように推移しているでしょうか。良い得点が維持できている教科はその調子で頑張ってください。

悪くはないものの点数の変化が激しい教科があるなら、その波を抑える努力をしましょう。逆に徐々に下がっている教科があるならば、何が原因になっているのかを考えましょう。英語はここからが正念場です。分詞の後置修飾や関係代名詞など、今までとは一味違う文法を学習していきます。

校内の定期試験と診断テストを上手く活用して、理解を深めていきましょう。今まで学習していた内容の復習も忘れないように。

毎回のテストで自分なりの目標を定め、それを達成できるように頑張ってください!!

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 10月の学習の診断がんばろう!

当塾塾生・当塾保護者様

いよいよ、第三回目の学習の診断を迎えます。この3回目の試験からは、今までの試験以上にあこがれの志望校への出願をする際の重要な資料となります。

私たち講師陣もしっかりとサポートしますのでがんばっていきましょう!この夏は、基礎を重点的に学習させた生徒も多かったと思います。

基礎を土台にして練習問題やさらに複雑な問題も少しずつではありますが増やして行きます。

その過程で基本的な事が抜けてくるような事もあります。その時はさっと基礎に戻ります。そしてまた先へ進めて行くと言う方針を取ります。

学習の診断は総合問題です。定期試験のように覚えていれば得点できる試験とは少し違うかもしれません。

やはり、ここでも「慣れ」が必要なのでしょう。このような形式の総合問題を解く機会がみな少なかったのではないでしょうか?

そこで、総合問題を何度もこなして行くことが重要です。

見ただけで嫌だというそんな気持ち・不安感を少しずつ取り除いていければと思います。慣れだけで成績UPして見事坂出高校へ合格した生徒も少なくありません。

さて、各教科個別に教科担当・教室責任者が指導します。英語数学に関しては試験後の分析もUPしていますので良く読んでおいてください。試験を解いているときに何かの良くに立つかもしれません。


それでは次回試験がんばってワンランクUPを狙いましょう!君たちの成功を信じています!


理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)