理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

学習指導 ブログ

講師から高校進学おめでとうメッセージ!【その4】

当塾受験生・受験生をおもちの保護者様


“合格”の2文字を手に入れた今の感想はどうですか。このために、今まで懸命に努力して来ました。嫌になったこともあったでしょう。

投げ出したくなったこともあったでしょう。それでも皆さまは最後までやり遂げました。そしてその結果として“合格”を手に入れることが出来たのです。やり遂げたことに自信と誇りを持ってください。

高校では、新しい生活が始まると共に、再び勉強と向き合うことになります。新しい環境での生活を存分に楽しみつつ、学習習慣を忘れることなく、勉学にも励んでください。

理数館 H−2 教員(英語)
- | comments (0) | trackbacks (0)

講師から高校進学おめでとうメッセージ!【その3】

当塾受験生・受験生をおもちの保護者様

合格おめでとうございます。自分の受験番号を見つけた時にはホッとしたことでしょう。これから高校生としての生活が待っています。

期待もあり、不安もあるでしょう。色々なことにぶつかっても、それは貴重な経験になります。新しい自分を切り開いていって下さい。

もちろん学習面では一生懸命サポートしていきます。新たな目標に向かって頑張っていきましょう。


理数館 A教員(数学)
- | comments (0) | trackbacks (0)

講師から高校進学おめでとうメッセージ!【その2】

当塾受験生・受験生をおもちの保護者様

受験生の皆さん、合格おめでとうございます。今まで努力して来たことが“合格”という形に結びつき、大きな喜びと深い満足感を味わっておられることと思います。

この合格に至るまでの自分の歩みを忘れないようにしてください。時には自分の歩みを振り返り、己を鼓舞してください。高校では中学校とは一味もふた味も違う世界が待っています。

勉強・部活に励むと共に、新しい仲間との生活を楽しんでください。もちろん、高校の勉強は大変です。でも今は、合格の喜びを全身で思いっきり感じてください!!

理数館 H教員
- | comments (0) | trackbacks (0)

講師から高校進学おめでとうメッセージ!【その1】

受験生・受験生をお持ちの保護者様

合格おめでとうございます。今までのがんばりが実を結んだ結果です。

高校生になると、新しい環境のもと、新しい友達と共に、新しいスタートを切ることになります。

これからの三年間、振り返ればあっという間です。一日一日を大切に、充実した時間を過ごして行きましょう。


理数館 教室責任者
- | comments (0) | trackbacks (0)

丸亀高校・高松高専も合格!!

丸亀高校・高松高専を受験されてた学生・保護者さま

このたびは、難関高校へ合格されておめでとうございました。
お喜び申し上げます。

丸亀高校におかれましては、また一人後輩ができたことをうれしく思っております。勝負はこれからです。がんばりましょう。

高松高専におかれましては、全国的にも抜群の就職率を誇っていると聞いております。高専での勉強を怠らずにしっかり成績を出して優良企業に就職しましょう。

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

坂出高校クラス全員合格!!

坂出高クラス学生・保護者さま

合格おめでとうございます。お喜び申し上げます。

本年は、ほとんどの学生が驚異的な成績の伸びをした年になりました。2年がかりで坂出レベルまで成績上昇したキミ。学習の診断、わすが一年で、130点台から180点台へと上昇した当塾でも前例のなかった偉業を成し遂げて見事合格したキミ。生まれつき理数系で、機械好き。将来は、アイティー企業を起こしたいと言って頑張ったキミ。

その他の学生は、みんなで、漢字や故事成語、英語の単語の書き取り競い合いながら、坂出高校を目指した夏休みや冬休みの講習は非常におおきな思い出になったことでしょう。

途中、学習の診断の結果になんどもひやっとさせられました。それもいまでは、我々教師にもかなり良い思い出となりました。

ほんとうにおめでとうございました!

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

城西高校・坂出工業高校合格おめでとう!

城西高校・坂出工業高校受験の学生・保護者さま

合格おめでとうございます。

みなさん、部活動をしながら勉強との両立で苦労しました。途中、なんどもくじけそうにはなったものの乗り越えましたね。実力ですよ。ほんとうにおめでとう。

高校に入っても勉強にスポーツにガンバってください。また、勉強が不安になったら我々がサポートします。


理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

入試に向けて:中学三年学習の診断分析総合二回(英語編)

診断総合第2回テスト分析



問1リスニング問題

A の問題は少し複雑だった。特に(2)の比較を聞き取る問題は、比較級・最上級・同格表現が混ざらないように気を付けよう。

B (1)はDidで聞かれていることに注目。Yes, he did.かNo, he didn’t.に絞られる。


問2 文法問題

(2)発音問題はその音を実際下線部の下に書いて考えよう。ただし、go〔gou:ゴウ〕のように日本語の音のイメージ〔ゴー〕とは若干異なる単語もあるので、そこに引っ掛からないように。

(5)同音異義語問題はかなり解いてきた。最後にもう一度復習しておこう。

(6)長文問題の(1)にもつながってくる。各選択肢の横に簡単な和訳を添えて確実に点を取るように。


問3 文法問題

(3)電話での表現。どれも大事。再確認を。

(4)(6)疑問詞を用いた文章は、点を取りやすい。それぞれの意味を再確認。


問4 書き換え問題

(3)Let’s:人を誘う時の表現だが、Shall we やWhy don’t youなど、書き換えのパターンが複数ある物には気を付けよう。


問5 並び替え問題

かたまりを作っていこう。

(2) make人形容詞〔人〕を〔形容詞〕の状態にする。

(3) It’s time to ~ 〜する時間

(4) where to 疑問詞+ to   ※さらにtoの後には動詞の原形が来る。

(5) since I was born 私が生まれてから ※現在完了形で用いられる典型的な形。


問6

(2)ポルトガル語を話すという記述から、すぐに“ポルトガル”と答えないように。サッカーやコーヒーが有名という部分までしっかり読もう。焦りからのミスが試験では一番痛い。


問7

英作の条件、“3文以上で書くこと”“語数は全部で25語以上”などは当たり前だが、その後の条件もしっかり読んでから書こう。

“話題は一つだけ”“どう使ってほしいか”“なぜ選んだのか”など、採点に直接関係する条件は決して読み落とさないように。


問8

注記されている単語の意味をしっかり確認しよう。

場合によっては(2)(3)のような日本語で答える問題の手掛かりになることもある。

また(4)の文章内容要約問題でも、注記されている意味からヒントを得ることも出来る。


さあ本番だ。

今まで学習してきたことの最終的な確認・復習を行っていこう。

この1年間で解いた問題を再度解くと、語彙や文法のかなりの復習になる。あきらめずに少しでも語彙や文法を増やして本番に臨もう。

入試に向けてラストスパート。
- | comments (0) | trackbacks (0)

入試に向けて:中学三年学習の診断分析総合二回(数学編)

総合一回 数学

【問1】計算問題・小問集合
(9)の変域の問題は二次関数と一次関数のそれぞれのyの変域を考えてゆく。
(10)は解の公式を使うと複雑な計算になるが、式の変形に気づけばすぐ出来る。

【問2】図形問題
(3)は体積比を用いて考える。移した体積は円すいに残った体積の七倍。高さを求めることを忘れずに。(5)の体積の問題は三平方を用いる定番の問題。確実に解けるようにしよう。

【問3】関数
座標から式を求め、面積にもっていく問題。台形の面積であることに注意。

【問4】標本調査
図を読み取れば良い。割合や比を用いれば、全体の数は出せる。

【問5】方程式の文章題
値段がどれくらい上がったかが問われている。子供の入園料をxで表わして、条件に合わせて式を作る。

【問6】証明
(1)は平行四辺形あることの証明。最初の条件である角の二等分線と、中点連結定理を用いてゆく。少し回りくどいが一つ一つは考えやすい。 (2)は(1)を利用して相似を示し、そこから比を導く。面積比の問題でよく出てくる形。


今回は前回よりは難易度は下がっていると感じた。問3の関数や問6の証明は素直な問題だった。むしろ問1の計算、問2の図形の問題の中に考えにくい問題があった。

入試問題のレベルは今までの診断とそんなに変わらない。ただ数学の場合は解き易い問題と解きにくい問題が混在するような形式になる。受験本番に備えて、入試問題の過去問を解いて形式に慣れよう。取れる問題を確実に取っていくことが合格につながってゆく。

ここまで来たら今までの成果を本番で発揮するだけ。一つ一つの問題に集中して取りこぼしのないようにしていこう。
- | comments (0) | trackbacks (0)