理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

学習指導 ブログ

夏の定期試験を効率よい学習でがんばりましょう!

当塾塾生・当塾保護者様・当塾をお考えの方

夏の定期試験はいかがでしょうか?中学生は、ほとんどの学校で定期試験が終わったようですね!高校生は、今週から始まった学校も多いのではないでしょうか?

当塾では、できるだけ早い段階で効果的な勉強方法を身につけられるように学習面では得意なものを見つけ、もっともっと得意になり、自信が持てるお手伝いをさせていただいております。

同じ時間を勉強して成績に差が出るのは、能力の差というよりは、勉強のやり方の差です。スポーツと両立できる生徒は、効率の良い勉強方法を身につけています。

1つ簡単な例をあげると、眠くなる前の早い時間帯を苦手教科の学習にあて、暗記科目を寝る直前にまわすのもひとつの方法です。

無駄をできる限り省き効率良く勉強する術を早い段階で理解し、身体に覚えさせます。特に勉強もスポーツも両立させようと思うならできるだけ早めに勉強法を学びに来て下さい。

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第1回 学習の診断 分析 英語編

当塾塾生・当塾保護者様・当塾をお考えの方にも!

 はい!3年生になって最初の診断はいかがだったでしょうか。今回の結果で一喜一憂されているかもしれませんが、本番は来年の入試です。自分が点数を取りやすい問題、点数を落としやすい問題を見極めていきましょう。

文法の基本理解は、数学や理科における公式のようなものです。まずは最低限これらを確実におさえていきましょう。

例えば、今回の問5の(5)ですが、これは“How many CDs do you have?”の応用形です。この文を暗記しておけば、“How manyの次に名詞の複数形が来ること”“そのあとは疑問文が続くこと”がわかります。

選択肢を見れば、複数形は“countries”しかありませんので、自動的にこれがHow manyに続きます。残りの選択肢を見てみましょう。“ever”“visited”“have”これらから現在完了形がすぐにイメージできますか?“have you ever 過去分詞”という現在完了形の経験の疑問文が浮かぶでしょうか?

これがいわゆる英語の公式です。

have+過去分詞、be動詞+過去分詞、助動詞+動詞の原形などを確実におさえられれば、あとは応用です。

ただ、問題の中でこれらに気付くかどうかは、練習量にかかってきます。何回も類題を解いて、基本理解を強化していきましょう。


1. リスニング問題

リスニングで安定した点数を取ることを目標にしていきましょう。回数をこなして、自分の耳を英語に慣らしていくことが得点upにつながりますので、焦らずに、じっくりとリスニングスキルを高めていってください。

解答にはリスニングテストの原稿が載せられています。それにも目を通して、どんな内容だったのか確認してみてください。

2. 共通問題

ほぼ変わらぬ形式で問題が出されます。それぞれの問題の解き方に慣れましょう。

(3)の最も強く発音される語を選ぶ問題は、新しく出てきた語やその一言だけで会話が成り立つ語を探します。Bのセリフは、“どのくらい時間がかかるか?”という質問に対する答えですので、時間(“ten”)を最も強く発音します。

(4)は接続詞を探してください。名前の通り、2つの文を接続する働きをもつ言葉ですので、当然そこに文の切れ目が存在します。
イで区切ると“私は思います。”“それはとても面白い映画です。”という2つの文にきれいに分けることが出来ます。

(6)は新しい聞かれ方でした。“同じはたらきをする語”を探す問題でしたが、落ち着いて読めば、適切な所有代名詞を選ぶ問題であることがわかったと思います。

※問題を見て大体のイメージを掴むことが、今後の英語の試験では重要になってきます。各文法の基本的な型を覚えると共に、短い文章で構いませんので、何文か覚えておくと問題を解く際のヒントになります。

3. 選択問題


文法の理解度が総合的に問われます。
疑問詞、接続詞、動名詞、不定詞等は常に問われるという意識を持ってください。

(2)のsomething to 不定詞や(3)のthank you for 動名詞などは、形として覚えてしまえば解答時間の短縮になりますので、決まった形をどんどん覚えていきましょう。

4. 書き換え問題

書き換えは診断テストの一つの壁になります。
まずは書き換える前の文をよく読み、意味を理解することを心がけてください。

難しいですが、毎回問われる内容は似ています。(1)のthere is / areを使った書き換えは、良く問われる割に、なかなか気づかないものです。

文頭2語で問われたら、“there isではないか?”という意識を持っておきましょう。

(4)の受身の書き換えも定番です。どの問題でも、人称や時制は常に注意です。


5. 並び替え問題

並び替えの攻略方法は2つです。
まず各文法の基本形をしっかりと抑えておくことです。受動態(be動詞+ 過去分詞形)、現在完了形(have + 過去分詞形)などを覚えておくだけでも正答率は上がります。

また各文法の簡単な例文をそれぞれ覚えておくのも助けになります。How many
CDs do you have? のような文を一つ覚えておけば、(5)は解きやすくなります。いかなる文でも、主語と動詞の関係に注意してください。

6. 会話問題
新傾向の問題でした。会話の自然な流れを掴めるように練習しましょう。全体を見渡してしまうと、文量に圧倒されるかもしれませんが、1文ずつ意味を取っていきます。ラフな訳で構いません。

時間割のどの教科が話のテーマになっているかを読み取ります。

7. 英作問題

英作は落ち着いて書きましょう。苦手な人も多いかもしれません。“香川のベストシーズンはいつか”という質問ですが、勿論正解はありません。

ふざけた答えを書くのは当然ダメですが、まじめに考えすぎるのも危険です。自分の書きやすい季節で書ければそれで大丈夫です。

※英作対策として、色々な文章を書いてみましょう。春夏秋冬それぞれを紹介する文章が書ければ、今回のような問題以外にも応用することが出来ます。

例えば、夏に関する文章は夏休みの計画に、冬に関する文章であれば冬休みや正月の過ごし方に関する英作に応用できます。

また“あなたの一番好きな季節は?嫌いな季節は?”といった問題にも利用できるでしょう。内容の真偽ではなく、文法的な正確さが採点に影響しますので、シンプルかつ正確な文章を書く練習を続けてください。

8. 長文問題

長文は入試でも非常に重要です。意味を効率的に取れるように努力していきましょう。先に文章を読む・先に設問を見る、どちらでも構いません。

これから試験を何度も受けていきますので、自分の解きやすい方法を探ってください。
まず冒頭の日本語で書かれている場面設定を読みます。

ハサンとはどんな人物か、新太とハサンがどこで会話しているかがわかります。またこの文章を読むことで、長文問題を解く前に若干の息抜きを入れることが出来ます。焦っては、解ける問題も間違える可能性が高くなりますので、まずはこの文章を読んで一息つきましょう。

注記の語や(3)のような問題も、文章内容の意味を掴むヒントになります。一問一答型でのぞむ必要はありませんので、問題の中にちりばめられているヒントを見つけて解いて行ってください。

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第1回 学習の診断 分析 数学編

当塾塾生・当塾保護者様・当塾をお考えの方にも!
 
 今回の診断は、全体的に素直な問題が多かった。厚物などで一年生の復習ができていたら難しくはなかったのではないだろうか?

逆に今回の診断であまりできなかった場合、一年生の基本の内容ができてない事になる。問1、問2の計算の仕方は今後も当然使う。分かってないと危ないという気持ちで復習に取り組んでほしい。


次回は二年生の内容が入ってくる。連立方程式・一次関数・図形の証明は入試でも良く出る単元なのでしっかり復習をしておこう。


問1

正負の数の計算、文字式の計算、方程式、展開などの基本的な計算問題。確実に取りたいところ。展開は丁寧に行おう。

問2

やや複雑な文字式の計算や数の大小、等式や不等式で表す問題。(3)はある式をAなどの文字式で置き換えて式を考えると考えやすい。解く際に符号のミスに気をつけること。(2)の代入の計算、(4)の配って余りが出る問題は確実にできるようにしよう。

問3

図形の問題。投影図の見方、回転移動、作図、図形の位置関係、立体の側面積や体積について問われた。(4)の図形の位置関係の問題は今後も問われる。分かりにくい場合はペンやノートを用いて実際にどうなるか考えるようにしてみよう。(6)の体積もよく出てくる。

どこを底面と見るか、どこが高さなのかが分かると三角すいの公式に当てはめるだけ。公式を覚えていない人はこの機会に覚えるようにしよう。

問4

度数分布の問題。階級の幅や階級値とは何のことか知っているとすぐに解ける。他にも中央値や最頻値についても何のことか知っておこう。

問5

比例・反比例の問題。関数の問題では定番の、座標のX座標からY座標を求めることやYの変域を求める問題が出た。第二回以降に出る一次関数、三年で習う二次関数でも同じようなことが問われる。基本的に代入をするだけなので、何をしたらいいのかに慣れておく。

問6

一次方程式の問題。速さ・時間・道のりの関係を使う。分数になることもなく、素直な問題。解の確かめも忘れないようにしよう。


理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

夏の個別相談会開催・中途入塾生募集・夏期講習申し込み受付中!

当塾塾生・当塾保護者様・当塾をお考えの方

中学3年生は、受験生になってから最初の学習の診断でしたね!いかがだったでしょうか?

『得意なタイプの問題では安定した点数を毎回取る・苦手なタイプの問題では1点でも多く前回のテストよりも取る。』

この気持を忘れないようにしましょう。じっくりと点数を上げていきましょう。

さて、まもなく定期試験がやってこようとしています。中学生は6月の後半、高校生は7月のはじめ頃の予定の学校が多いようです。

当塾では、個別に定期試験対策・成績UP相談会を行っております。最近のご相談は、『勉強が急に難しくなり部活動と勉強を両立ができなくなった。勉強が遅れないように1教科からでも学習させよう。』という想いの保護者様からご相談です。

当塾では、生徒から進んで学習に取り組んでもらえるように指導を行っています。厳しい指導は行いますが、長時間勉強漬けという指導は行いません。

徐々に、当塾では成果がでてきました。塾生の成績が良くなってきて非常に喜んでおります。同時にさらに成績をUPしていってもらえるように努めていきたいと考えております。

目先の試験の結果はやはり重要です。そして、中長期を視野に入れて生徒の現状に応じた定期試験対策を生徒と一緒にしていきたいと思います。

さて、勉強方法や部活動の両立をどのようにすべきかが良く分からなくない方はぜひとも相談に来ていただければと思います。

今月は、各3名のみの募集とさせていただきます。密度の濃い個人指導を目指しておりますのでクラスの人数を一定とさせていただいております。

また、ご相談には教室責任者が個室で対応させていただいておりますので一度にたくさんのご相談を受けることはできません。塾生は随時個別相談を実施しています。

何卒、生徒の成績を上げたいがために限定させていただいていることを御理解いただければと思います。


理数館 教室責任者


ポチッと一押しお願いします。
更新の励みになります。
      ↓
- | comments (0) | trackbacks (0)

早期学習・部活動両立・志望校合格!学習の見直しを図りたい各3名限定募集!

当塾塾生・当塾保護者さま・当塾をお考えの方

当塾では早期学習をスタートしてあこがれの志望校に合格したい生徒を、高校生の『物理・化学・数学・英語』に加えて、小学生、中学生を各3名限定で募集しています。

これからの勉強をスタートさせたいと考えているが、部活動に熱心でどうやって取り組んだら良いのか分からないという生徒さんも多いのではないでしょうか。

そのような生徒さんがうまく学習を軌道にのせるためのお手伝いができればと考えています。

受験生となると勉強の仕方をじっくりと指導している時間はありませんが、早い段階で学習をスタートしていただくと、どう効果的に勉強を進めるのか・どのように勉強の見直しを図っていくのかを指導する時間があります。

得意な科目を1つでも多く作るために、3年生になって苦手な教科を作らない・もしくは早期に苦手教科を克服するためにも、少しでも早く勉強の仕方を学びに来てください。

そうすれば、きっと受験時に有利な状況に立てることでしょう!当塾では、完全個人指導のスタイルを取っており、小人数制で手取り足とり丁寧な指導を心掛けています。

そのような理由から各コース3名限定で募集とさせていただきます。是非この機会に早期学習をはじめましょう!


理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)