理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

学習指導 ブログ

中学三年生『学習の診断 総合1回』(英語編)

総合一回 診断テスト分析(英語)

問1はリスニング。
A (2)のwill be 7 degrees. (3)のalmost 12 o’clock は、7や12だけを聞きとって答えると間違ってしまう問題。落ち着いて聞き取ろう。
B (1)はWhenではなくHow longで聞かれていることに注目。適当な応答はアだけ。

問2 文法問題
(4)“その一言だけで、なんとなく会話が成り立つもの”を見つけよう。
アクションゲームに興味がありますか。→ Yes, very much.(はい。とっても。)
これだけで会話が成り立つ。
(6) 助動詞を用いた疑問文をたくさん勉強してきた。応答の仕方もしっかり押さえることが重要。

問3 文法問題
(1)〜(3) 前置詞・接続詞は、英作文や長文読解でも重要になってくる。意味・用法を再度確認!!
after a while(しばらくして)のような連語を覚えておくと、解答時間の節約に加え、並び替え問題も解きやすくなる。

問4 書き換え問題
2文を1文に書き換える問題が難しかったかもしれない。
この機会に押さえておこう。

問5 並び替え問題
かたまりを作っていこう。
(1) Have you ever been to ~? :〜へ行ったことがありますか。
(2) want人to :人に〜してほしい go shopping: 買い物に行く
(3) the most important: もっとも重要な
(4) popular with~: 〜に人気がある
(5) tell人to: 人に〜するよう伝える
(6) few: ほとんど〜ない ※否定の意味が含まれることを再確認

問6
学習していない語を前後の言葉から意味を推測する必要があるが、答え自体(plane, church)はすでに習っている言葉なので、3年間で学習して来た単語(特に名詞)を再復習していこう。綴りミス注意!

問7
苦手な人は、構成を先に考えておこう。

○○が好きです。(問われていることに対する直接的な答え。)
なぜなら××だからです。(1文目を裏付ける理由・体験 2,3文)
なので○○が好きです。(まとめ)

4文程度書けば、25語は自然にクリアできる。


問8長文問題
(4) ア:大きく強く、ウ:果物や鳥など 二つ以上の要点を読み取る必要がある。
答えだと思う文章は要約して訳すのではなく、しっかり訳すこと。



いよいよ入試本番が近付いてきました。
今まで学習して来たことの最終的な確認・復習を行っていきましょう。


理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年生『学習の診断分析 総合1回』(数学編)

総合一回 数学

【問1】計算問題・小問集合
(7)の二次方程式で解が一つになる条件は平方を作る時。(x−4)の二乗を作れば良い。
(8)は平均を使った文字式。平均が分かっているなら合計が出ることを理解しておこう。

【問2】図形問題
(4)の面積比の問題はよく出る形。面積比から相似比を考えて全体の面積につなげてゆく。
(5)の体積の問題は展開図で辺の長さを出し、そのあと組み立てて高さを出す。直角であるなら、高さは分かると考えよう。

【問3】関数
三角形が合わさる部分の面積の問題。解きにくそうな印象を受けるが、直角二等辺三角形なので、高さと底辺が同じになることが分かれば解きやすい。

【問4】規則性
今までの規則性よりはクセのある問題。横の棒の数は縦の棒の数+1本、縦の棒の数は横の棒の数+1本であること気づけば解きやすい。

【問5】連立方程式の文章題
一見すると二次方程式の文章題のようだが、x、yを使っての連立方程式を解く。縦の長さ、横の長さでそれぞれ方程式を作れるかがポイントになる。

【問6】証明
(1)は正方形を使っての合同。直角と直角の間の角が共通なことを利用しての証明。やっていれば解ける問題。(2)は(1)を利用して相似を示し、そこから角を導く。


(総評)

学習の診断とは問1での問題の形式が変わっているが、全体的な内容はあまり変わっていない。今回は前回よりは難易度は下がっていると感じた。問4の規則性、問5の連立方程式の文章題は考えにくいかもしれないが、それ以外は標準的な問題だった。ただし、見たことのあるような図であっても問われ方が工夫されており、理解していないと解きにくい。
次の第2回総合診断は最後の診断となる。受験に対して自信が持てるようにしっかりと復習して臨もう。

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年生『第五回学習の診断分析』(英語編)

第5回診断テスト分析(英語)

問1リスニング
長めの文章を聞いて答える問題の場合、印刷されている選択肢に簡単な日本語訳を付けたり、イラストに簡単な説明を書き加えたりすると解きやすくなります。変に緊張せずに、リラックスして解けるように何度も練習しましょう。

問2文法問題
(3)は“その一言だけでなんとなく会話が成り立つ言葉”や“新しく出てきた言葉”を見つけましょう。
※we,can,rideはすでに一文目に使われています。summerが新出ですね。

問3文法問題
(3)〜(5)は対話文の問題です。テキストのSpeaking Plus等を復習して、決まり文句を抑えることが大事です。(1):現在完了形、(2):動名詞(enjoy -ing)、(6):間接疑問文(疑問詞+主語+動詞) →問題を見てすぐに気付いたでしょうか?すぐに気付くことができれば、解答時間の大幅な短縮につながります。各文法項目の特徴をしっかり復習しましょう。

問4書き換え問題
苦手にしている生徒は多いと思います。とはいえ、それぞれ不定詞・比較級・現在完了形・関係代名詞の基本的な書き換え問題ですので、反復練習でパターンを覚えましょう。

問5並び替え問題
かたまりを作ると難易度が下がります。
(1)made in:〜製の
(2)how to make:-の作り方(3)the most difficult:最も難しい
(4)in front of:-の前、my friend:私の友達
(5)take care of:-の世話をする、this afternoon:今日の午後
これに加えて、主語+動詞、to+動詞の原形等のルールを当てはめれば、自ずと文章は出来上がります。

問6
特に(2)が難しかったかもしれません。長文読解等で、前後の言葉から意味を推測する練習をしておくと良いです。


問7英作文
まず、夢があるか無いかを明確にします。英作文はなるべく積極的な内容で書く方が書きやすいです。なので、“夢がある”方向で書いていきましょう。

問8長文
下線部 ↓△里茲Δ法筆者の行動の理由や感情を説明する問題では、その下線部が含まれている文章の直前の文章に注目してください。(対話文であれば、直前の相手のセリフに注目)また、和訳して記述形式で答える問題は、減点の恐れがありますので、ポイントだけおさえた要約の形ではなく、しっかりと文章全体を訳して答えましょう。

総評
診断テストも残り二回となりました。学校の授業でも、これ以上目新しい文法項目を勉強することもないと思われます。今一度三年間学習してきたことを思いだし、復習してください。また、本番で一番怖いのは時間切れで問題が全部解けないことです。大体で良いので、各問題に充てる時間を決めて、それに沿って問題を解くことが出来るように練習しましょう。

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年生『第五回学力の診断分析』(数学編)

『第五回学力の診断分析』(数学編)

問1

文字式の計算、平方根、展開、2次方程式などの基本的な計算問題。展開してからの解の公式も使えるようにしよう。

問2

やや複雑な文字式や二次方程式。(2)は絶対値と√の両方を理解していないと難しい。

問3

図形の問題。角度や表面積、円周角や面積比を問われる。

問4

確率の問題。サイコロ二つの確率だが、図形を絡めている。

問5

二次関数の問題。条件が文字のaで表わされている。各点の座標をaで表わすことができれば解きやすい。

問6

一次方程式の問題。利益の出し方や%の処理を行い式が立てられるかがポイント。解の確かめも忘れないようにしよう。

問7

証明の問題。円周角を使っての相似。

総評

今回の診断は、全体的に難易度が上がっている。問3の図形は面積比などの入試でも問われやすい所がでている。問5の二次関数は条件が文字であったため考えにくかったかもしれない。
次回は三平方の定理の前半までが範囲になる。入試でも良く出る単元なので確実にマスターをしておこう。また比を用いた図形はよく練習しておこう。
 なお総合一回からは多少形式が変わってくる。過去問を解いて、形式に慣れておこう。


理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

(新春)クラブ活動と学習の両立をすすめる訳!!

クラブ活動と学習の両立をすすめる訳!

目先だけを考えれば、部活動をやめれば成績があがるかもしれませんが、成績だけあげるのが教育ではありません。大人になれば、1つのことだけ集中してできる環境なんてそうそうありません。

働き出したら、いろんなことを同時に片づけていかなければなりません。やらなければならないことを自分で考え・整理し、同時にこなすことを学ぶのも教育です。

だから、我々は部活動との両立をすすめています。やめるのではなく、どうやったら部活動を続けながら勉強ができるようになるのかを考えることの方が、もっと大切な教育です。部活動を行なっていれば勉強時間が十分に取れないのは当たり前です。

その現状を踏まえ、どのようにするかを一緒に考えてあげ、時間を上手に使えるようにする、そのような教育方針で一緒に頑張りませんか?充実した学生生活を送り、受験にも成功し、自分に自信が持てるように成長するお手伝いをさせて下さい。

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)