理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

学習指導 ブログ

中学三年 第二回「学習の診断分析」英語編

2015年度第2回 学習の診断 分析


夏休み明けの2回目の診断はいかがだったでしょうか。

これから定期的に診断テストを解いていくことになります。その度に点数が変動すると思いますが、“この点数以下は取らない”という自分なりの最低ラインを作っておきましょう。

ここから英語はさらに難しくなります。学校の定期試験と診断テストで試験を何度も受けることになりますが、毎回漫然と解いてしまうのでなく、自分の中で目標を立てましょう。点数だけ見るのではなく、自分がどこまで理解できているのかを知ることも大切です。

加えて、1,2年生で学習したことの復習も忘れずに。特に診断テストではその辺りもまんべんなく問われます。“忘れた。”は一番危険な言い訳ですので、もし忘れてしまっているのなら、十分に時間を取って復習し、苦手分野を克服していきましょう。


1.リスニング問題

リスニングは毎回9点満点の形式で出されます。全体の5分の1近い点数が取れますので、安定した点数が取れるように頑張りましょう。イラスト問題は、そのイラストを見てある程度の予想を付けることが出来ます。

例えば(1)は同じようなイラストが描かれています。男の子か女の子か、CDが1枚か2枚か、場所はテーブルなのかベッドなのか、それぞれを聞き取ることが求められます。(2)は登場人物と桃は共通しています。あとは、2人と桃がどのような関係にあるのかを聞き取ります。

(3)は、少年は共通していますが場面はバラバラです。この少年が何をしているのか聞き取りましょう。前回は、問題を解きやすくするために各選択肢の簡単な訳を取ることを紹介しました。イラスト問題も、リスニングが始まる前に予想を立てておけば選択しやすくなります。

2.共通問題

(1)は心の中で発音してください。どちらかを極端に強く読んでみると、どちらかが不自然に聞こえるはずです。また、今回の問題の場合、forwardが読めなくても問題ありません。選択肢の内、3つ読めれば正解が出せます。

3つ中3つが同じ部分を強く読むのであれば、残りの1つが正解です。3つ中、1つ強く読む部分が違うものがあれば、それが正解です。

問2の問題は全体的に、大体傾向が同じで、解き方も同じです。それをしっかりおさえて点数を稼ぎましょう。

3.選択問題

文法の理解度が総合的に問われます。

(1) 代名詞の選択です。この系統の問題は確実にできるようにしましょう。
(2) 去年の今頃学習したthere is / areを用いた表現です。覚えていますか。
(3) “君は僕より早く起きた。”という表現から、Bさんの起きた時間を考えます。
(5) お店での会話でよく出てくるやり取りです。
(6) Bさんが手伝おうとしているのは、そのコンピュータの使い方を知っているからです。

簡単にまとめましたが、各文、これらの点に気づければ解くことが出来ます。
(3)〜(6)の会話形式の問題は、どの選択肢も文法的には正しいものです。しっかりとセリフを読んで適切なものを選べるようにしましょう。

4.書き換え問題

書き換えは診断テストの一つの壁になります。

まずは書き換える前の文をよく読み、意味を理解することを心がけてください。(1) noをnot〜anyで書き換えられること、まずはこれを覚えておきましょう。結構難易度の高い問題だったと思います。

(3) ask 人 toは、分かっていてもなかなか出てこない表現ではあります。加えて、元の文章が過去形であることも見落とさないように。

(4) 道の聞き方です。ここに出た2文に加えて、Could you tell me the way to the〜?もおさえておけば、道の聞き方は完璧です。

5.並び替え問題

(1)は本当によく聞かれます。Can I help my homework? としてしまわないように。あくまでも手伝ってほしいのは“自分”であることを忘れずに。

(2)のone of 〜(〜のうちの一つ)の表現は今後よく出てきます。

特に並び替えで出たときには気づけるようにしておきましょう。“Ritsurin Garden is the most beautiful・・・”と文を作ってしまわないように。“one of the most beautiful gardens”で、“最も美しい庭園の一つ”という意味が出せます。

(3)は選択肢から現在完了形であることが分かります。それがわかれば、まず主語+have+過去分詞の形を作ります。他の選択肢に目が行きがちですか、まずはしっかりと基本の分を作ることを心掛けましょう。

(5) tell 人 toに気づけるかが勝負です。

6.読み取り問題

まれに出るタイプの問題です。,歪掌紊thanがあることから比較級であることが分かります。“more 形容詞 than”の形は覚えているかもしれませんが、“more than”で“〜以上”という意味になります。

また△蓮a fewで“2,3の〜”という意味なります。今回の問題でこの表現にたどり着くのは難しかったかも知れません。こういう問題を通して、様々な表現を覚えていきましょう。

7.英作問題

“何かしら書いておけば、1,2点取れる可能性はある”、これを忘れずに。今回はイラストを見て、それに合った文章を考える問題でした。今までの英作とは少し異なる形式でしたが、実は入試本番では最近よく問われている形です。攻略のポイントは、素直にイラストを読み取ることです。

10人が見て10通りの解釈が出来るような複雑なイラストではありません。“プレゼントで悩んでいる男女がいた。→ 麻里がいい店を紹介してあげた。→ 2人から感謝された。”おそらくこの流れが読み取れるでしょう。これを自分が書ける英語で表現していきます。

8.長文問題

長文は入試でも非常に重要です。これから試験を何度も受けていきますので、自分の解きやすい方法を見つけていってください。
まずは冒頭の日本語で書かれている場面設定を読みます。

登場人物は留美とケイト、場所は留美の家で、話題は“弁当”であることがわかります。この文章は長文問題を解く前の息抜きに利用することもできます。この文章を読んで一息ついてから、長文問題に臨みましょう。

また、文末にまとめられている単語の意味や(3)のような問題を利用すれば、大体の内容を予測することが出来ます。

長文も、“解ける問題を解く”ことを目標にしてください。文章量に圧倒されてしまい“何を書いているのか分からなかった。だから一問も解けなかった。”で終わらせてしまうのではなく、各設問をしっかり読んで考えましょう。

例えば(3)の問題ですが、設問には“ケイトが自分の国で弁当が人気になった理由について話している内容をまとめたもの”と書かれています、つまり、これはケイトのセリフであり、且つそれなりの量を話していることが分かります。

文章を見ると、8ページの下の方にケイトの長いセリフがあります。その中にはbalance of nutrition(栄養のバランス)やreasonable price(値段が手ごろな)など、※のついた単語がいくつかあります。(3)の問題を見てください。1行目に“栄養のバランスがよく値段が手ごろである。”と書かれています。

このケイトのセリフを読んでいけば、(ア)(イ)は解くことが出来ます。もうひと頑張りで、次のケイトのセリフまで読めれば(ウ)も解けます。
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第二回「学習の診断分析」数学編 

第二回診断テスト分析(数学)

今回の診断は標準的なレベルだった。問1,2の計算での失点を防いでいこう。今回から図形の証明も出題されている。

中三の後半になると、問3の図形が難しくなって、点が取りにくくなる。今回の問7のような分かりやすい証明はできるようにしておかないと、後で困ることになる。
 
次回は二次方程式までが範囲になる。計算、文章題ともに二次方程式が出題される可能性が高い。しっかり練習して臨んでいこう。

問1、2は計算問題中心。

中2内容では連立方程式や等式の変形、中3内容では因数分解、平方根が問われた。今後の診断テストや受験でもよく問われる部分なので出来なかった問題は練習して、確実に出来るようにしておこう。問2の(5)は平方根の小数部分の問題。元の式−整数部分で小数部分が求められる。

問3は図形からの出題。

(1)(2)の角度の計算は取れるようにしておきたい。(4)の面積を求める問題では元の平行四辺形(またはその半分の三角形)と比べてどうかがポイントになる。(5)の面積が等しい三角形を見つける問題は練習していれば出来る問題。

問4は確率の問題。

今回の問題はさいころを2つ使うパターン。書き出すか、表を書いて考えよう。約分も忘れない事。今回の問題以外では、2桁の整数を作る問題やコインを使う問題、球を取り出す問題も出てきやすい。しっかり復習をしておこう。

問5は一次関数の問題。

座標や直線の式を求めてゆく。どのデータを使い、どの方法で解くかが分かれば難しくはない。分からなくなっても、とりあえず代入していけばある程度は出来る。(4)の面積を二等分する直線を求める問題はどの二点の中点を使うかがポイントになる。関数の応用としては出てきやすい形の問題。

問6は連立方程式の文章題。

道のりを求める問題。20分の待ち時間を忘れないことと、時間に変換することに注意する。解の確かめまで書くことを忘れずに。

問7は図形の証明。

正三角形を用いての合同を示す。素直な問題なので、この証明は出来るようにしておこう。

問8は図形の証明。

三角形の合同を利用して平行四辺形であることを示す。平行四辺形であるから対辺は平行、よって錯角は等しくなる。少しまわりくどい証明になっているががんばろう。
- | comments (0) | trackbacks (0)

慶応に合格した映画の「ビリギャル」から何が学べるか!

当塾塾生、当塾保護者さま、

慶応大に現役で合格できたビリの女の子の話でした。
本当にこんな事っでしたあるのかなと塾の講師として考えてみました。

合格の要因としては、この塾の指導力がかなり高かったこと、塾長の教育に対する想いが強かったこと。スタートが遅いといいながら、高校2年から勉強を始めていること。

同じような境遇の友人と塾で競い合うことが出来たこと、ご両親が早慶出身者ではないものの中堅の大学は卒業していると推察されることは、大きな要因です。

この子をダメにしたのは、明らかに父親です。自分が実現できなかったことを、自分の子供を使って実現しようとするというのは、バカげています。

学校の教員、部活の顧問も注意しなければなりません。自分が実現できなかった夢を他人の子供を使って実現しようとするのならばそれもバカげています。渦中の人にはそれが分かりません。

さて、この子を軌道修正することが出来たのは誰の力でしょうか?
ほとんどの人が熱心に指導した塾の先生だと思うことでしょう。

しかし、それは、きっかけに過ぎません。この家庭を支えた母親の力です。母親が担任に呼びだされて、話をしているセリフを聞くとこの母親を一瞬、疑いたくなると思えるような箇所がかなり出てきます。

しかし、このお母さんの想いと言うのは、なぜか、少し違うのです。いや、今までにお会いしたことがないタイプのお母さんです。映画を見ていて、こういうお母さんのお子さんだからこそ合格できたのだなあと思いました。

さあ、私がこのお母さんのどこが素敵であると感じたか?同じシーンに共感をいただけた方は早慶に合格できる素質がある家庭ですよ。

このお母さんをそっくり真似したからといってお子さんは慶応には合格できませんよ!自分の環境の中でこのお母さんになるしかないですね。

みなさんも思い立ったが吉日!この子のように志望校を目指してがんばってみませんか?

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

秋からの学習始めませんか?9月スタート受け付けます!

当塾をお考えの方

みなさん!あこがれの志望校合格に向けて理数館で新学期の学習の準備をしませんか!


当塾理数館では早期学習をすすめています。この秋から勉強をスタートさせたいと考えている在校生の方を募集しております。

今この時期にどうやって学習に取り組んだら良いのか分からないという生徒も多いのではないでしょうか。

そのような生徒がうまく学習を軌道にのせるお手伝いができればと考えています。受験生となると勉強の仕方や勉強癖をつける方法をお教えする時間がどうしても少なくなってしまいます。

在校生が、早い段階で学習をスタートしていただくと、どのように効果的な勉強を進めるべきかを指導する時間があります。

受験直前になって苦手な教科で困らないように是非勉強の仕方を理数館へ学びに来てください。そうすれば、受験時に有利な状況に立てることは間違いありません。

今回、理数館では、通常コースの他に『秋の早期学習コース』として小学生・中学生・高校生・卒業生を募集します。当塾では、個人指導のスタイルを取っており、小人数制で手取り足とり丁寧な指導を心掛けています。

そのような理由から各コース3名限定で募集とさせていただきます。是非この機会に早期学習をはじめましょう!


理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)