理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

学習指導 ブログ

中学三年 第一回 学習の診断分析 (英語編)Part

2016年度第1回 学習の診断分析「問5〜問8」


第二部です。

英語はこつこつ学習すると、報われる教科です。例えば、1点ずつの上積みでも、最終的に6点アップさせることが出来ます。

英語の学習では、突然伸びることはありませんが、勉強した分が確実に実力になっていきます。焦らずに徐々に点数を伸ばしていきましょう。

問5 並び替え問題

正しい順番で単語を並べていく必要があります。選択肢を見て、なんとなくの文の全体像をイメージできるようになりましょう。

(1) 誘い文句である“why don’t you”をまず作ります。次に相手を何に誘いたいのかを考えます。もちろんテニスに誘いたいので、“play tennis”をつなげます。“with me”は最後に来ます。

(2) “〜しなくても良い”を表す“don't have to”を作ります。“have to”の後には動詞の原形が来ますのでspeakを、さらにその後には目的語が来ますのでEnglishを置きます。これで完成です。

(3) “この公園”が主語ですので、文頭のThisにはparkをつなげます。その後に“〜で有名である”を表す“be famous for”をつなげます。

選択肢にあるitsは“この公園の”という意味です。つまり、“この公園は、この公園の桜で有名です。”という文を作っていきます。

(4) 主語の決定で悩むことがありますが、そんな時はシンプルに考えていきます。“夏は一番良い季節だ。”まずはこれを作ります。“Summer is the best season.”残ったto swimはseasonの後に付けます。

(5) 簡単な文を覚えておくと、語順をなぞっていくことが出来ます。疑問詞と一般動詞を用いた疑問文を適当に考えてみましょう。What do you like? が良い例です。

疑問詞の後にdo / does/ didが来て、その後に主語、動詞の順番で続きます。この問題に適用してみると、When did you study Englishまで並べることが出来ます。あとは文末のtimeも含めた、“初めて”を表すfor the first timeを並べれば完成です。

(6) We'veの時点で、現在完了形は確定です。ただ、その後が少し複雑でした。We've been friends for ten years.がベタな完了形の文章ですが、ここに残った選択肢を入れ込んでいく必要があります。

まずgoodですが、これで“親友”を意味するgood friendsを作ります。またmore thanですが、これはfor more than ten yearsで10年間以上という表現を作ることが出来ます。

問6 文章並び替え

この問題は、各選択肢の簡単な意味を取ることが正解への近道です。
ア 私に? ありがとう。イ どうだった?
ウ たくさん訪れて、たくさん写真撮ったよ。
エ プレゼントだよ。
オ どういたしまして。北海道からだよ。先週行ってきた。
この程度の意味で十分です。プレゼント渡したところから話が始まり、北海道旅行の感想を聞く流れが作れれば大丈夫です。

問7 英作問題

これまでの英作問題は、夏休みや冬休みの予定を書いたり、自分の地元を紹介したりと、似たようなテーマが定期的に出されていました。

それで、前もって下書きを作っていれば、無難に対応できるもの多かったですが、今回の問題のように自分でストーリーを考えるタイプの問題が主流になってきています。

とはいえ、イラストを見れば、どんな話が展開しているのかは一目瞭然です。“ケンが部屋で音楽を聴いていると、ナンシーがテニスに誘いに来た。そして2人はテニスを楽しんだ。”のが、今回書きたい話の流れです。あとは条件に従って書いていきましょう。

今後、この解説では同じようなことを書いていきますが、基本は“自分が書ける英文をしっかり書く”ことです。1文しか書けなくても、20語以上なくても、自分が書いた文章は、消さずにそのまま残して提出してください。

答に詳細に書かれている採点基準を見ると、3文以上・20語以上でなくても、採点されることが分かります。1点でも多くとるために、書ける部分はしっかり書いておきましょう。

問8 長文問題

長文問題は落ち着いて解くことが大事です。残り時間との関係もありますので、焦って解いてしまうかもしれませんが、落ち着きましょう。まずは、文頭の日本語の説明文をしっかり読みます。

誰と誰がどこで何について話しているのかを掴むことが出来ます。(登場人物ぐらいしか情報が無い場合もあります。) 次に文の後に書かれている単語の意味に目を通すことも効果的です。

毎回かなりの数の単語の意味がここに書かれています。今回も20個近くありました。これを先に見ておくと、大体の話の筋が見えてくることがあります。

まったく情報の無い文章を一から読むよりかは、ある程度の内容を掴んだ状態で読んだ方が、効果的に問題を解いていくことが出来ます。

もし長文問題が苦手なら、今回書いたこの方法を実践してみてください。各問題の解き方は、次回以降順次解説していきます。

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第一回 学習の診断分析 (英語編)Part

2016年度第1回 学習の診断分析「問1〜問4」

3年生になって最初の診断テストでした。満足のいく点数は取れたでしょうか。次回の診断までは少し時間が空きますが、入試に向けて残り6回テストを受けることになります。

毎回の試験で自分なりのテーマを持って挑みましょう。“この問題は確実に点を取る。”とか“苦手な問題を一問でも多く正解する。”とか“最低でもこの点数は取る。”等々、前回のテストよりも自分がどれだけ成長できたのかを測れるようにしておきましょう。

問1 リスニング問題

リスニング問題は、今後様々なパターンを解いていくことになります。まずは“耳から英語を入れること”に慣れていきましょう。

耳慣らしだけでなく、リスニング問題には色々な攻略のカギがあります。例えばその一つが、“前もって問題に目を通す”ことです。これはどの系統の問題でも効果があります。今回はAを例に考えてみます。

イラスト問題にも様々なパターンがあります。今回のように1問ごとに違うイラストを見て解く問題もあれば、一つの大きなイラストから3問出されることもあります。そのイラストで何が描かれているのか掴んでおきます。

(1)はそれぞれイラストが表すものを日本語で書いておきます。見たらわかりますが、書いておきます。リスニングテストには独特の緊張感があります。これに呑まれると普段苦もなく解ける問題も解けなくなることがあります。それゆえ、簡単そうに見える問題でもしっかり書いておくと良いです。

(2)、(3)は書けそうな情報を書きつつ、問題文を予想してみましょう。特に似たような3枚のイラストが並んだ場合、それぞれのイラストの違いを掴むことが必要になります。(2)は3人の並び方、(3)はウサギの色と大きさ、耳の長さを掴みます。

特に(3)はイラストから、恐らく比較級を使った問題になることが分かります。何色のウサギが一番小さく・大きく、何色のウサギの耳が一番長いのか、それぞれのイラストに書いておきましょう。

問2 共通問題

問2は、今後ほぼ変わらず、今回のようなパターンで問題が出続けます。解き方を覚えてしまえば点を取ることが出来る問題が多いですので、早めにそれを掴みましょう。

今回は(1)、(2)の解き方です。アクセント問題は、心の中で思いっきり発音してみましょう。単語が3つに区切られていますので、それぞれ大げさに各部分を強く読んでみてください。(この方法かなり効果があります。

大体私が大げさに発音していくと、英語が苦手な生徒さんでも正解を見つけることが出来ます。) ただ今回は、アクセントの位置が“異なるもの”を選ぶ問題でしたので、そこは注意してください。

発音問題も、まずは問題文を心の中で読んでみることをお勧めします。(ア)のシとジの違いや、(ウ)のオウとアウの違いなどは明確に音が違うものです。(エ)は少し注意が必要です。

これはaを“エ”と読むか、“エイ”と読むかの違いになります。下線部の発音を問われている問題ですので、下線が引かれている部分の音を確実掴めるようにしましょう。

問3 選択問題

この問題では、答えの探し方を解説します。

(1) “沖縄旅行を楽しんだか?”のという問に対して、Yesで答えています。“楽しい時を過ごした。”という意味の、“have a great time”を作ります。過去の話なので“had”に変わります。

(2) “村上春樹によって書かれた本”なので、受動態を使います。be動詞+過去分詞で作る表現ですので、エを選びます。

(3) 会話文は、各セリフから正解を探しましょう。カギはAの2つ目のセリフ、“後で見せてよ。”です。アはすでに見せていますので、不自然です。ウの面白い話は、聞くものなのでこれも不自然です。

エの大阪で食べたたこ焼きは写真などで見せることは出来ますが、すでに過去で完了した出来事なので、Bは“It was really nice. それはとても良かったよ。”と過去形を用いて表現しなければなりません。よって答えはイになります。

(4) これは“at the end of”という表現を知っているかどうかに掛かっています。連語表現は、このような形で四択問題にも利用できますので、どんどん覚えていきましょう。

(5) 完了形で聞かれています。Haveで聞かれたら、haveで答えましょう。悩む必要はありません。

(6) “スターウォーズを観たか?”という問に対して、“No”で答えています。その理由を表現しているものが答えです。明らかに変なものはサッサと消していきましょう。

問4 書き換え問題

書き換えは難問です。もとの文をよく読んで、どう書き換えるかよく考えましょう。

(1) もとの文と書き換えた文の主語が変わっている場合、それは受動態を用いた書き換えの可能性が大きいです。受動態はbe動詞+過去分詞ですが、書き換え問題の場合、be動詞の時制にも注意しなければなりません。もとの文でcleanedが使われていますので、これは過去形の文であることが分かります。それで、be動詞はwasを使います。

(2) 比較級から最上級への書き換えです。もとの文では、“この神社はこの町のどの神社よりも古い。”と表現されていますので、“この神社はこの町で一番古い。”という文を作っていきます。

(3) 2文を1文に書き換えるのは、現在完了形を用いるパターンが多いです。特に2文目にstillが出てくれば絶対です。

現在完了形はhave+過去分詞で作ることが出来ますが、この問題でも主語に注意しましょう。三人称のHeが主語なので、hasにします。forとsinceの選択にも注意です。

とりあえず、一旦はここまでの解説です。

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 第一回 学習の診断分析(数学編)

当塾塾生・当塾保護者様・当塾をお考えの方

今回の診断は、全体的に素直な問題が多かった。学校指定の厚物などで一年生の復習ができていたら難しくはなかったのではないか。

今回の診断であまり得点できなかった場合は、一年生の基本の内容ができてない事になる。問1、問2の計算の仕方は今後も当然使う。分かってないと危ないという気持ちで復習に取り組んでほしい。

次回は二年生の内容が入ってくる。連立方程式・一次関数・図形の証明は入試でも良く出る単元なのでしっかり復習をしておこう。

問1

正負の数の計算、文字式の計算、一次方程式、展開などの基本的な計算問題。確実に取りたいところ。展開は丁寧に行おう。

問2

やや複雑な文字式の計算や数の大小、等式や不等式で表す問題。(5)は具体的な数字を当てはめると考えやすい。a=1、b=−2で考えると良い。(1)(4)の代入の計算は確実にできるようにしよう。

問3

図形の問題。投影図の見方、平面図形の移動、作図、図形の位置関係、立体の側面積や体積について問われた。(2)の円すいの側面積は、「半径×弧÷2」を使うと楽に出る。

ぜひ覚えておこう。間違えて表面積を求めないように。公式を覚えていない人はこの機会に覚えるようにしよう。

問4

度数分布の問題。階級の幅や相対度数とは何のことか知っているとすぐに解ける。他にも中央値や最頻値についても何のことか知っておこう。

問5

比例・反比例の問題。関数の問題では定番の、座標のX座標からY座標を求めることや、座標から面積を求める問題が出た。

第二回以降に出る一次関数、三年で習う二次関数でも同じようなことが問われる。基本的に代入をするだけなので、何をしたらいいのかに慣れておく。

(3)では代入した後に傾きを計算しないといけないことに気付けるかがポイントになる。

問6

一次方程式の問題。人数を求める問題。分数になることはないが、考えにくい問題。高校で習うベン図を使えると分かりやすい。解の確かめも忘れないようにしよう。

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)

熱中症に気をつけましょう!健康第一です。

当塾塾生・当塾保護者様

中学、中学受験生、高校生とそれぞれ試験が終わりましたね。

そんな生徒のみなさん。この暑さに気をつけてください。

いつもになく暑い日々が始まりました。ここ1週間で急激に気温が上がりました。

生徒のみなさんは、暑さ対策として、帽子をかぶる・十分に水分を取る・あまり暑いところで長時間いないようにするなどして、この暑さを乗り切りましょう!

夜は、夜で、気温が10度ぐらい下がり気温差でなんだかおかしくなりそうです。

次回の試験が、そこまで来ています。1ヵ月もしないうちに、たちまち試験が始まる学校も少なくありません。

体調には十分気をつけてください。そして部活動や次回の試験の準備をがんばりましょう。

理数館 教務課
- | comments (0) | trackbacks (0)