理数館

香川県丸亀市・坂出市・綾歌郡・仲多度郡エリアを中心にした総合個人学習塾。
グループ指導・少人数指導・完全個別指導・家庭教師などに対応。理数系・文科系専門の塾講師が指導。

学習指導 ブログ

中学三年 総合第二回 『学習の診断分析』(英語編)

2017 年度総合第 2 回 学習の診断分析


「総合第 2 回の診断でした!」

残すは公立高校の試験のみです。残された期間、精一杯勉強しましょう。この時期の勉強はこれからの人生にも活きてきます。諦めずに何度も何度も問題にトライしてください。

分析の中でも何度か触れましたが、問題を解くときの習慣を持つことも良い点を取る助けになります。

“決まった解き方”があるのは安心を生みます。試験独特の雰囲気に飲まれないように、その中で平常心を保てるようにそういった部分にも気を向けるようにしましょう。

合格目指してがんばれ!!


問 1  リスニング問題

定期試験も含めて、何度も“耳から英語をいれて”きました。慣れてきたでしょうか。まずは落ち着きましょう。時間に余裕があれば問題に目を通し、選択肢に簡単な日本語訳を書きましょう。

こういった動作を英語の試験を解くときの自分の習慣にすることが出来ます。“いつもの解き方”を身に着けると、試験本番も落ち着いて臨むことが出来ます。

もしリスニングが得点源になっているのであれば、本番でも得点稼げるようにこういった部分にも注意していきましょう。

問 2  共通問題

前回同様入試らしい問題でした。

(1) の難易度が高かったように感じます。“動詞に注目する”のは英語を理解するうえで重要です。

be 動詞と一般動詞の使い分けを徹底していきましょう。“兄と大阪に行った。”というセリフに対する返答になりますので、“ Oh, were you? ”ではなく、“ Oh, did you? ”でなければなりません。

“ I was 〜”というセリフに対する返答であれば“ Oh, were you?” が正解になります。 be 動詞には be 動詞、一般動詞には一般動詞を合わせていきます。

問 3  選択問題

(1) using がいますので、現在進行形です。アやエはすぐに消せるようにしましょう。

(2) 過去分詞を用いた後置修飾の表現です。これも今まで何度も出てきた形です。

(3) A は B の一番好きな歌手を聞いています。英語は主語が何かを明確にしたがります。日本語では、“好きな歌手誰?”とわざわざ主語を明記しませんが、英語では誰に聞いているのかを明らかにします。

選択肢の中でそれをクリアしているのはエだけです。

(4) ケンは将来の夢が決まっていませんが、母親はケンに望むところがあるようです。 want 人 to を使ってそれを表現します。

(5) 冬が夏よりも優れているという A の意見から始まり、その後話はスキーに行くことに展開しています。つまり B が A の意見に賛成し、且つ冬のスポーツの話題を出したと推測できます。よって答えはイです。

(6) B の最後のセリフ“ 10 分後です。”を利用します。時間が返ってきそうな質問はアイエの 3 つです。イであれば、所要時間を聞いていますので、“ Ten minutes. ”であれば正解です。

エは現在の時刻を聞いているので、“ 10 分後です。”はおかしな返答になります。正解は“次の電車はいつ来るのか。”と聞いているアです。

問 4  書き換え問題

(1) “リサの母親に以前会ったことがある。君は?”がもとの文です。“君は?”の部分を“君は今まで彼女に会ったことがある?”という現在完了を用いた文に書き換えれば正解です。

(2) 間接疑問文を利用します。

(3) 落ち着いて考えます。もとの文は未来形の否定文で。字数的に be going to を使う余裕はないので、 will を利用します。 won’t visit が正解です。

(4) これも今まで何度か出てきました。絶対に anythingto food< にしないように。“ to +動詞の原形”はいつも意識しておきましょう。

問 5  並び替え問題

(1) すぐに What do you like と書いてしまわないように!! What kind of 〜?の表現もしっかり候補として準備しておきましょう。

(2) 後置修飾の文です。問題文が持っている雰囲気を掴めるように。 in front of は覚えておけば 3 語使ったかたまりが作れます。選択肢を減らすうえでも非常に役立つので是非覚えておきましょう。

(3) 間接疑問文です。 Do you know でスタートしますが、それ以降の語順に注意。

(4) as 〜 as を用いた基本的な語順です。こういう問題は確実に当てれるように。

(5) 現在完了を用いた文です。 already の位置を間違えないように。

(6) 主語は Saki です。まず Saki を主語とした Saki went out を作ります。“何も言わずに”の部分はおまけです。 without +動名詞、つまり前置詞+動名詞も重要です。

問 6  説明文読み取り問題

ヒントがいくつか出てきます。答えに直結するものもあれば、そうでないものもあります。早とちりせずに落ち着いて英文を読みましょう。

(1) “生徒にとって大きなイベントです。多くの生徒が楽しみます。同級生と有名な場所を訪れます。”ここまでいくとわかりますね。正解は修学旅行です。

“自分にとっては大きなイベントではなかった。”とか“自分は楽しめなかった。”とか屁理屈をこねないように。

(2) “中国から伝わった。”これだけでは何かまだわかりません。“ほとんどが木かプラスチックでできている。日本人は食べるときにこれを使う。”なんとなく見えてきました。正解はお箸です。

問 7  英作問題

イラスト系の英作です。 A と B の場面をそれぞれ 2 文で、かつ 1 文の語数を 5 語以上で書くことが条件です。今回も代名詞の使用が条件でした。

A 駅に着いた慎は、雨が降っていることに気づいた。でも彼は傘を持っていなかった。

B すると母親が傘を持ってきてくれた。彼はうれしかった。

これを英語に出来れば条件はクリアです。もし全文書けたのであれば、もう一度見直しましょう。時制や人称などしがちなミスがないか確認し、しっかりと点数を取りに行きましょう。勿論、入試本番にも英作問題は出ます。

問 8  長文問題

長文もリスニング同様、解くときの自分なりの習慣を持っておきましょう。試験本番はこのレベルの長文が 2 つ出ます。

焦れば焦るほど解けなくなってしまいます。解く前に何をするか、どんな問題から解いていくのか等々、自分なりのルールを持っておきましょう。

今回は下線部の内容を問う質問が多かったです。ほとんどの場合、下線部の前後に答えが隠れています。答えになりそうな部分が見つかれば、きれいに訳せなくても解答を作ってみましょう。

(3) 〜 (5) までの解答には、すべて“解答例”という言葉が書かれています。つまり絶対的な答えが存在しないということです。

完璧な訳が取れなくても、ニュアンスが合っていれば正解になることもあります。 1 , 2 点を取りに行きましょう。



- | comments (0) | trackbacks (0)

中学三年 総合第二回 『学習の診断分析』(数学編)

総合二回診断テスト分析(数学)

「今回の診断」

全体として標準的なレベルだった。問4の関数は見た目は難しそうだが引っかけの要素はなく素直な問題。問5は式が出来ればむつかしくはない。問6の証明、特に(1)は分かるけど、どう書いたらいいかでミスが出たかもしれない。

「次はいよいよ入試の本番」

学習の診断に比べると形式は多少変わるが、入試の問題自体は毎年大きな変化は無い。過去問等で慣れておこう。

計算で確実に点を取るためには「この計算の形はこのやり方で解ける。」ということを自分の中にしっかりと持っていることが大事。

残りの時間毎日練習してしっかりと叩き込みたい。また図形・関数の問題はやり方を知っていれば簡単に解ける問題と、かなり考えないと解けない問題がある。解ける問題を効率よく解いていこう。

証明は苦手でも一つ目は簡単な場合がある。基本的な相似、合同の証明は見直しをしよう。

残り時間はわずかだが、点数アップのために出来ることはまだある。入試本番が近づくと不安になったり、あきらめたくなったりするかもしれない。

でもこのプレッシャーを乗り越えることは大きな経験になる。自分に出来ることを精一杯やり遂げよう。

問1は計算問題。

文字式、1次方程式、連立方程式、因数分解、平方根などが問われた。(6)までの計算問題でミスしないように、徹底的に練習しておこう。(7)は求める式をxと置いて考えるとよい。

(8)は式で表してから等式の変形をする。(10)の変形は高校内容でも用いる。覚えておこう。

問2は図形の問題。

展開図、ひし形、円周角の定理、中点連結定理、三平方の定理が問われた。(3)は半円を六等分するなら180°÷2÷6で円周角が求まる。∠PABが30°、∠PBAが45°であることが分かれば求まる。

(4)は二等分とか三等分という段階で中点連結定理が頭をよぎるようにしたい。

(5)は立体から必要な面を取り出して長さを計算してゆく。三平方の定理で計算しよう。

問3は標本調査の問題。

(1)では最頻値についても問われている。最頻値や中央値をどのように計算するのか思い出しておこう。(2)では読み取った値を用いて比の計算をしていく。

問4は関数の問題。

台形が移動してゆく。(1)、(2)は二等辺三角形の状態なので、底辺と高さが等しくなる。(3)は台形の面積をXを用いて表せるか。

(4)のように答えに√が出てくることもある。自信をもって答えられるようにしよう。

問5は二次方程式の文章題。

針金を使って面積を表してゆく。縦がXなので、横が(30−3X)÷2として表すことが出来る。あとは面積の計算をしていくだけ。横の方が長いので、Xの範囲が決まってくることに注意。解の確かめは必ず行うこと。

問6は図形の証明。

(1)は三角形の合同を用いて辺が等しいことを示す。ABDとCBDを使うことが分かれば、合同までは簡単。辺が等しいことを丁寧に示すこと。

(2)は(1)の結果も用いつつ、相似であることを示す。直角二等辺三角形なので辺の比が分かるのと、45°の角を用いて示していく。
- | comments (0) | trackbacks (0)